top画像左
top右

ブラックリストと融資の申込み

ブラックリストに事故情報が記載された場合の融資と改正貸金業法の完全施行の影響とは?実はブラックリストに載るような状況で融資を受けないように改正貸金業法が施行されたのです。

真っ当な金融機関の事故情報保持者の契約審査

結論から記載させて頂くと真っ当な金融機関であれば事故情報が記録された方への融資は行いません。 完済後に一定の期間を経て信用情報の記録がきれいになるまで待つ必要があります。

キャッシングやカードローンのサービスを利用する為には申込みを行ってからの審査が通った後になります。 当たり前の話ですが誰でも審査が通るわけではありません。

改正貸金業法と多重債務問題
これまで延滞や破産をしてブラックになったからといって、 すべての金融会社で借入が不可能というわけではありませんでした。 しかしこれからは改正貸金業法によって総量規制が行われます。


スポンサードリンク



キャッシングサービスを利用してお金を借りる為の審査には色々な条件があります。 審査の基準も、与信の付与の基準もそれぞれの企業のやり方があり一概に言えない事も確かです。 金融機関もちゃんと貸したお金を返してくれる優良な顧客を集めたいのです。

ここで注意しておきたいポイントは 「ブラックリストに事故情報などが記録されている人は普通の融資の審査には絶対に通らない」ということです。

キャッシングサービスに限らずカードローンやその他のローンなどでも申込みを行った方の決められた審査は実施されます。 申込み時の融資希望の金額によって審査の度合いやチェック項目は違ってきますが、基本的な部分は同じと考えて良いでしょう。

例えば、定職に就いているか、もしくは正社員か契約社員か派遣社員かなどの雇用形態はもちろん、 年収はいくらか、他には借り入れがないか?などのチェック項目が並びます。

そういった審査の項目と基準で与信は決められるのです。 そうして最終的にはあなたが借りれる限度額が決定されるという流れになります。

そういったキャッシングの申込みから審査の流れの中であなたの過去の金融機関の事故情報などがチェックされます。 一般的にはブラックリストに事故情報などが記録されている人は、 普通の融資の審査には絶対に通らないと考えても差し支えありません。

これまで延滞や破産をしてブラックになったからといって、 すべての金融会社で借入が不可能というわけではありませんでした。 しかしこれからは改正貸金業法によって総量規制が行われます。

総量規制とは

個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことです。 ただし一部除外または例外となる場合もあるようです。

ブラックリストに記録されるとお金はずっと借りられない?

ブラックリストに事故情報が記録されると永遠に金融機関からお金を借りることが出来なくなるわけではありません。 世の中には債務問題を抱えている方も多数いらっしゃいますが、 一方で債務を整理されて再起に成功された方も多いです。

そういった債務問題を解消された方が通常の生活を送ることを取り戻せる道は用意されています。 一般的には債務整理の方法や信用情報機関によって違いますが、記録記載は完済後、5〜10年間記載されます。

この期間が過ぎれば借入れが出来る可能性が出てきます。

つまりその期間が経過後には、通常の生活に戻れる可能性が残されているということです。 どうしても心配な方は各信用情報機関に情報開示を行なって記載が消えている事を確認する事も可能です。

また、債務整理などを過去に行ったことがない方でも、 借入れしたお金の返済を延滞したことが原因でブラックリストに事故情報が記載されることもあります。

この場合、一般には3ヶ月間支払いが延滞するとこの情報が延滞として記録されます。 仮にその後返済をしたとしてもその情報は5年間保存されてしまいます。

「ちょっとぐらい遅れてもいいや、平気!平気!」

などと悠長に構えていると、結婚が決まり住宅を購入する段階になって住宅ローンの審査が通らない、 という悲劇の話も実際にあります。 一度延滞の情報が記載されると5年間はキャッシングはもちろん、ほぼ全てのローンの申込みがきなくなってしまいます。

また、返済することができなくなり、自己破産や民事再生等の債務整理を行いますと、 その情報が10年間記載されますので同様にキャッシングやローンの申込みをすることができなくなってしまいます。

「キャッシング・フリーローン」

軽快な言葉や軽い感覚のカタカナですが、 少し前に「無計画に利用した挙句、多重債務に陥った方がたくさん存在した」 という事実を忘れずにサービスを利用する事を忘れないようにしたいです。

スポンサードリンク