top画像左
top右

ブラックリストの真相とは

ブラックリストとは実は個人信用情報機関に遅延などの情報が記録されるデーターの事を指すのです。ブラックリストに個人信用情報機関の記録が記載される条件を知らないと後々後悔する事にも繋がりかねません。

キャッシング・ローン審査のブラックリスト

キャッシング審査基準 キャッシングやカードローンの使用が認められるまでには、 申込みから審査を経て融資となります。この審査には色々な条件があります。 審査の基準も、与信の付与の基準もそれぞれの企業のやり方があり一概に言えない事も確かです。

ブラックリストに関する基本知識

ブラックリストは、 正式にいうと異動情報(事故情報・ネガティブ情報・遅延情報)と呼ばれています。

信用情報機関と呼ばれる機関が保有する異動情報などの記録をブラックリストと呼びます。

では信用情報機関とは何?どのような条件でブラックリストに載ってしまうの? 色々と疑問が残ります。


スポンサードリンク



例えば、定職に就いているか、年収はいくらかなどで与信は決められ、 限度額が決定されることがそうです。 しかし、どのような属性でどのような年収があろうとも、 ブラックリストに事故情報などが記録されている人は、 普通の融資の審査には絶対に通らないと考えても差し支えありません。

個人信用情報機関は加盟企業の系列などはありますが、 データーベース化された情報は共有されています。 今後も、銀行系・信販系・消費者金融系など別れていた情報を一元化しようという動きがあります。

従って、一度個人信用情報に事故情報などが記録されると、 これから一層新規の融資の申込みは難しくなります。

ブラックリストに乗る条件とは
多くの人が意外とブラックリストについて誤解している部分も多いのです。 支払いが数日遅れたからすぐさまブラックリストに乗るわけではないのです。 過去に支払いの遅延などがあった場合でも、 決められた返済日から3ヶ月以上支払いが遅れた場合など条件があります。

逆にこのような条件で一度ブラックリストに記録されてしまうと、 最終的にキャッシングを完済していたとしても延滞情報として残されているので、注意が必要です。

信用情報機関

貸し金業の業界では、融資の申込みを受けると必ず申込者の融資の利用状況を調査します。 一般的には、信用情報機関に問い合わせる事はまず行います。

この信用情報機関のデーターベース化された情報は、 様々な種類がありますが、多くの会社が共通の情報を共有しています。 つまり、どこかで返済の遅延をすると、 別の会社でも融資の際の審査ですぐにわかるようになっているのです。

ブラックリストとは犯罪者のリストではありません

普通の人は意外と知らない事がブラックリストについてです。 言葉自体はおそらく一度か二度は聞いた事がある人は多いかもしれません。

ブラックリストとは実は個人信用情報機関というところに、 他社の融資の利用状況や返済状況が記録された情報機関の記録の中の、 一定期間のクレジット支払いが遅れた人の情報などが登録されているリストの事です。

言葉からイメージされる、闇の情報リストなどではありません。 個人信用情報のデーターベースに情報が記録されていくと黒くなっていく事を指しているとも言われています。

個人信用情報機関と金融機関

ブラックリストは、 正式にいうと異動情報(事故情報・ネガティブ情報・遅延情報)と呼ばれています。 全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、 株式会社シーシービーといった信用情報機関の異動情報などの記録をブラックリストと呼びます。

信用情報機関はこれ以外にもあります。 キャッシングを行なう金融機関の各社も必ずどこかの信用情報機関に加盟しており、 一社で数社に加盟している場合もあります。

キャッシングのスピード融資のからくり

消費者金融各社の多くがスピード融資などをウリにしていますが、 そのほとんどは信用情報機関に事故情報などが記録されていないかどうかの審査である事が、 多いようです。

自分自身でも信用情報機関の個人情報は照会できます。 心当たりがある人は自分で照会してみるか問い合わせてみてもいいかもしれません。

スポンサードリンク