top画像左
top右

借金返済の延滞について

融資の返済はきちんと行ない信用情報機関に事故情報などの記録を残したり取立てされるなどの経験はしたくないものです。返済が滞ると事故情報が記録され取立てなどの問題へと発展します。その内容とは?

借金返済を延滞した場合どうなる?

借金返済の延滞3ヶ月が経過した時点でブラックリストに記録されます。 これは、個人情報が信用情報機関に事故情報として記録される事です。

一度信用情報機関などに事故情報が記載されると、 その後完済したとしても延滞した事実は一定期間、記録として残り続ける事になります。

借金返済を延滞した場合の経過

キャッシングやカードローンの返済が遅れるとブラックリストに載ります。

その後の取立ての段階はどうなるの?
ブラックリストに登録されるとどうなるの?
怖い人が返済を迫ってくるの?

こういった不安や問題を解決する為のヒントや具体的な考え方などを解説させて頂いております。


スポンサードリンク



一般には3ヶ月間支払いが延滞するとこの情報が延滞として記録されます。 仮にその後返済をしたとしてもその情報は5年間保存されますので、 一度延滞の情報が記載されると5年間はキャッシングを行う事ができなくなってしまいます。

また、返済することができなくなり、自己破産民事再生等の債務整理を行いますと、 その情報が10年間記載されますので同様にキャッシングをすることができなくなってしまいます。

借金返済の延滞での取り立て以上に怖いもの

キャッシングと取立て 借金の返済を遅延したからといって、いきなり想像しているような、 怖いお兄さんが取り立て屋として借金返済を求めて押し寄せてくる事はまずありません。

借金取立てというと、脅迫まがいの行為が横行したり脅し文句や四六時中監視されるというような 怖いものを連想してしまう人もいるかもしれません。 しかし、現実はそれほど過激ではないのです。

大手のきちんとした業者を利用している場合は法に触れるような行為はできないように なっているのです。それどころか借り手が守られているぐらいの状況なのです。

大手企業のキャッシング

大手の消費者金融などは法律に則って運営を行なっていますので取立てなども制限されています。 返済計画の相談にも乗ってくれる所もあります。 応対も丁寧である事がほとんどでその点は安心です。

遅延情報が記載されてしまう事が致命的

金融機関は融資を申し込んだ人の信用情報を、 信用情報機関という情報センターみたいなもので確認します。 そこで過去に問題があった人かどうか確認して審査の可否を決定する判断材料のひとつにするのです。

信用情報機関というのは数社あり、 それぞれ銀行系や信販系、消費者金融系の加盟企業が集まって情報を共有しているのです。

その信用情報センター遅延情報が記載されてしまう事が致命的なのです。 これが一般的言うブラックリストに載るということなのです。 ひとたびブラックリストに載ってしまうと一定期間、 今後ほとんどの融資は通らなくなってしまうのです。

一般的な借金返済の延滞での取り立て

キャッシングなどで多重債務状態に陥ると返済や利子に追われたり、 延滞金が膨らんでいきお金の事で苦労する事になります。 これでは便利なはずのキャッシングを利用した意味はありません。

それどころか、借金が返済できない状況というのは健全な生活を送る上でいいはずがありません。 借金を遅延しなければならない状況である事が、会社知人友人恋人などに知られることも社会的に見ても大きなマイナスです。

特に女性などはキャッシングの申込み自体を人に知られたくない傾向が強い事を考えると、 借金が遅延している状況というのはなおさら人には知られたくないものです。 そうなる前に借金が遅延した場合の流れを知って大事になる前に行動できるようにしておきましょう。

借金返済が遅れると

借金返済の第一段階では、支払期限を過ぎるとまず電話がかかってきます。 大抵は本人に直接連絡が繋がらなければ会社名をいわない会社もあります。

大手の消費者金融などではきちんとしたマニュアルがあり、 物事の手順を踏んでアプローチしてくるので最初から事を荒立てる事はあまりありません。

この段階で、ごく一部の悪質な貸し金業者は脅迫すれすれな言動で返済を迫ってくる事もあるようです。 一般的に、暴力団員によるキャッシングの返済の取り立てや貸し付けは法律によって 禁止されています。貸金業者が暴力団員を業務補助として起用すると、 300万円以下の罰金か1年以上の懲役の対象になってしまうのです。

あきらめずに返済の窓口で相談

決まった返済額が返済できないからといってほったらかしは禁物です。 支払いを延滞してしまいそうな時は、 窓口で相談すると利子のみの支払いで次回まで待ってくれたりすることもあります。 あわてて次のキャッシングなどを申し込む事のないように、 まずは相談してみることもひとつの手です。

きちんと借りたお金を返済している人には関係のない話ですが、 借金返済を延滞すると今後、思わぬ所で不便を感じる事になるものです。

急な出費に対して貯蓄で乗り切れる人はお金を借りなくても済みます。 しかし、どうしてもお金の都合がつかない場合も多々あります。

そんな時に、キャッシングはすぐに融資を受ける事が出来て便利です。 ただ、キャッシングに限らず融資を受けて借金をするという事は、 必ず返済の事を考えて申込みをする事を忘れない事です。

スポンサードリンク