top画像左
top右

ブラックリストについて

キャッシングに限らず全ての融資申込みには個人信用情報機関の情報を元に審査が行なわれます。キャッシングは特に個人信用情報機関の情報で審査や与信が決められる傾向が強いようです。

返済不能と債務整理について

お金が必要となった際に利用するキャッシングには必ずはじめに審査があります。 多くの場合、各金融機関が独自の審査基準与信の付与の方法を持っています。

簡単に言うと、その人にお金を貸す資格があるかどうかを判断する事と、 どれくらいの融資を行なってもいいかという限度額などの条件を決める事がこれに当たります。

この審査の基準は個人信用情報機関にて問い合わせることによってすぐにわかるのです。 これが俗に言うブラックリストに載っているかどうか調べる事なのです。

スポンサードリンク



ブラックリストの誤解

ブラックリストとは実在するリストではありません。 実際には個人信用情報機関に個人の各金融機関の利用状況返済状況などがデーターベース化された情報の事を指すのです。 個人信用情報機関のデータは共有化されています。 従って、延滞すればその情報が記載され、キャッシングを行う事ができなくなります。

ブラックリストに載ってしまう条件とは

ブラックリストに載ってしまう条件 一般には3ヶ月間支払いが延滞するとこの情報が延滞として記録されます。 仮にその後返済をしたとしてもその情報は5年間保存されますので、 一度延滞の情報が記載されると5年間はキャッシングを行う事ができなくなってしまいます。

また、返済することができなくなり、自己破産民事再生等の債務整理を行いますと、 その情報が10年間記載されますので同様にキャッシングをすることができなくなってしまいます。

基本的な考えとしては、返済する能力がないと判断する人にはキャッシングを利用させないという事です。 一定の年齢条件を満たしており、 定職に就いている人ならばまず間違いなくキャッシングを行う事ができます。 しかし、過去にキャッシングによる延滞経験があったり、 他社に大きな金額の借り入れがある場合は審査に合格できない場合があります。

意外と大きいブラックリストに載ってしまう影響

現代の生活ではどこからもお金を借りずに生活する事は難しいものです。 さらに、すべての支払いを現金決済するとなると多くの場面で不便を感じる事になるのです。

若い世代の人の中には、「返済できなくなったら自己破産したらいいや。」などと、 簡単に考えている人もいることは事実です。 しかし、将来的な影響や自分自身の信頼などの事も含めて慎重に行動したいものです。

あなたの審査が通らない原因

クレジットカードやローン、キャッシングなどの審査は、申込み時の属性、 返済履歴に問題があった場合、審査が通らないケースが多いのですが、 意外と多くの人がやってしまうミスというのもあります。

過去の融資はすべてきちんと返済しているのに審査に通らない
あるいは、今回初めて融資を申し込む段階で審査に通らない。 という人は、俗に言う申込みブラックになってしまっている可能性があります。

直近3ヶ月〜1年程において何らかの融資の申込みを集中的に行なった場合など、 一定以上の申込み件数が超えた場合に信用情報機関に情報が載ってしまう事があります。

クレジットカード・ショッピングクレジットやノンバンク(消費者金融を含む)・金融機関による融資(ローン)の申込を行い、 その履歴(申込情報)が複数、とくに一時期に集中している場合などがこれにあたります。

この申込みの集中と捉えられる期間は、信用情報機関によって異なります。

申込みブラック
短期間に複数の借金を申し込んだ事で考えられる危険性は、 貸して側からすると、いわゆる借り逃げの恐れがあると判断される場合があります。 この場合は審査が否決となる可能性もあります。

しかし、一定の期間が過ぎれば申込・照会情報は抹消されるようです。 一定期間に融資を集中的に申込際には注意したいです。

スポンサードリンク