top画像左
top右

個人信用情報と融資の仕組み

キャッシングを利用しようという人で、ブラックリストという言葉で審査に不安を感じる人もいるようです。キャッシングに申し込む前にブラックリストについて勉強して審査の不安を解消してみて下さい。

申込みの際に申告された情報と融資の仕組み

キャッシングに限らず融資の申込みには審査がつきものです。 融資の申込みを受けた金融機関の審査方法を簡単に説明します。

最近ではスピード審査などという事をウリにするキャッシングサービスもありますが、 短時間で何を見ているのでしょうか?

キャッシングは無担保で、保証人の必要の無い個人の小口融資です。 融資の申込みを受けた金融機関は、 申込みの際に申告された情報を鵜呑みにすることはまずありません。

個人情報と融資の審査の関係

キャッシングに限らずカードローンなどを使用している情報は一般的には信用情報と呼ばれます。

信用情報機関で取扱われる個人情報と、 それを利用した審査の方法などを簡単に解説させて頂いております。


スポンサードリンク



個人情報が審査される仕組み

キャッシングの審査に限らずすべての金融機関は、 融資の申込書に書いたあなたの、個人情報や他社での利用状況の裏づけを取る作業を行ないます。 その確認作業が、申し込んだキャッシング会社の加盟する外部の信用情報機関に他社での利用状況や、 これまでの借り入れの履歴を照会するという事になるのです。

審査に有利な条件とは

金融各社はキャッシングに限らず融資の際には、 必ず自社の与信システムに沿って融資の審査を行ないます。 基本的には確実に返済してくれそうな人にできるだけたくさん融資したいのです。 だからお金を融資する側から考えれば、一定の収入がある人や、 居住形態が持ち家である人などが安心で有利なのです。

信用情報機関とは

信用情報機関とは 信用情報機関とは信用情報の収集及び提供を行う機関の事です。 それぞれ、割賦販売法と貸金業の規制等で以下のように定められています。

割賦販売法での規定

信用情報の収集並びに割賦販売業者等のローン提携販売業者及び割賦購入あつせん業者に対する信用情報の提供を業とする者

貸金業の規制等の規定

資金需要者の借入金返済能力に関する情報の収集及び貸金業者に対する当該情報の提供を行う者

日本では、個人に関する信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、 株式会社シー・アイ・シー、株式会社シーシービー、などが大きなところです。

信用情報機関の機能と目的

この信用情報機関がある目的は、債務過剰を防止する為にあります。 全国の銀行、消費者金融、 信販会社などの金融機関はどこかしらの信用情報機関に加盟していて事故情報などの記録を審査の際に利用するのです。

信用情報の保有期間

信用情報機関の事故情報や遅延情報の保有期間は契約や発生からそれぞれ5年間です。 この5年間がブラックリスト対象として信用情報機関の情報に保管されてしまうのです。

過去に何かしらの心当たりがある人は、 信用情報機関にて自分自身の登録内容を確認することもできます。 例えば、大手の金融機関を利用ならば、CICと全情連の開示をすれば大体わかります。 CIC、全情連の開示は郵送でも可能です。

今後の個人信用情報期間の一元化の動き

これまでは加盟企業の系列や形態などで信用情報機関はいくつもありました。 一方で、多重債務問題などの増加の問題が表面化してきました。 これを受けて、貸し出しそのものの厳格化を求める動きが加速したのです。

そして信用情報機関の情報すべてを、 一元化しようという構想につながったのです。 信用情報機関の情報すべてを一元化する事によって、 債務過剰を防止する効果を強化させようと考えている事は間違いないでしょう。

スポンサードリンク