top画像左
top右

キャッシング申込みの準備

初めてのキャッシングの申込みには書類の記入方法や融資の審査などわからない事だらけです。初めてのキャッシングならば適当に申込みをせず、書類についてや融資の審査について知っておく事がベターです。

「キャッシング申込みの準備」で知っておきたい事


キャッシング申込みの準備フォト すべての業者が同じ審査基準で審査をするわけではありませんが、 基本的な必要書類などは大体同じです。 初めてキャッシングサービスの利用を検討する方はスムーズに申込みから借入れが完了するように事前の準備を再確認しましょう。

キャッシングの申込みに必要な書類・確認証

申込みの必要書類 キャッシングは誰が申し込んでもすべての人が利用できるとは限りません。 キャッシングの融資を受ける前に審査があるのです。 すべての業者が同じ審査基準で審査をするわけではありませんが基本的な必要書類などは大体同じです。

キャッシングの申込をする際には審査があり、そのために事前に用意しておかなければいけないものがあります。

不備があれば申込ができないといったことにもなりますので、準備はしっかりとしておきましょう。 まず、本人を確認することができる書類などが必要になります。

本人の確認証

申込みの必要書類 本人確認は運転免許証があれば大抵のキャッシング取り扱い会社の本人確認は事足ります。 運転免許証を持っていない人は、健康保険証パスポート外国人登録証明書などの本人確認書類でも十分です。

運転免許を持っているという方の場合、運転免許証が本人確認書類となりますので持参しましょう。 運転免許を持っていないという方の場合、健康保険証やパスポートといった書類が必要になります。

この他にも電気料金や水道料金、ガス料金といった公共料金の領収書や、 住民票の写しなどが必要になるケースもあります。

これらは事前に用意しておかなければならないものですので、 申込の際にどのような書類が必要になるのかは利用する予定のキャッシング会社に確認をしておきましょう。

また、借入額が50万円を超える場合には収入を証明するための書類も必要になってきます。 この場合には源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などを準備しておく事になります。 ただ、初めてのキャッシングでちょこっと足りないお金を借りる程度であれば50万円を超える借入れを申込む事は少ないでしょう。

なお、給与明細書については直近2ヶ月のものと1年分の賞与明細書が必要になることが多いようです。 ただ、この点についてもキャッシング会社によって必要ない場合などもあるため、やはり確認をしておくことが重要になります。

現在ではインターネットや無人契約機で申込がスムーズにできるようになっていますが、 それでも準備をしておくことはいくつかあります。

急いでいる時などは特にスムーズに手続きを済ませる必要があるでしょうから、 事前の準備はしっかりとしておかなければなりません。 特に無人契約機などで即日キャッシングをしなければならない事情がある人などは書類の不備や不足は致命的です。

一通り書類を揃えてキャッシングを申込む為の書類が準備出来たらあとは手続きと審査を行うだけとなります。 手続きや審査は早ければ30分ほどで終了しますので書類に不備があるなどの問題がなければすぐに終わります。

キャッシングを利用するのが初めてという場合、何を準備すればよいのかわからないこともあると思いますが、 上記を参考に必要なものを揃えてください。

キャッシングの申込みに必要な書類・確認証(一例)

国税または地方税の領収書または請求書
納税証明書
社会保険料の領収書または請求書
公共料金の領収書または請求書
(電力会社、水道局、ガス会社、NHKなど)

住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書
上記の書類は発行日から数ヶ月以内のものが条件です。

こんな時は?
書類と現住所が違う場合はどうすればいいの?

回答例
現在の住んでいる住所が記載されている書類を用意すればOKです。

本人確認書類に記載された自宅住所と現在の住んでいる自宅の住所が異なる場合は、 現在の住んでいる住所が記載されている書類を用意すれば審査を受け付けてくれる場合がほとんどです。

スポンサードリンク

キャッシングの申込みに必要な所得・収入証明

収入を証明する書類は、基本的に融資額が50万円以上の際に必要になる事が多いです。

【一例】
源泉徴収票
確定申告書(最新のもの)
給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

所得を証明する書類を用意できる方は持参するほうが審査がスムーズですが、 所得証明書類を用意できない場合でも契約は可能な場合もあります。必ず直接確認してみる事です。

低金利で安心の銀行系キャッシングなど、 条件が有利になればなるほど審査は厳しいと考えて差し支えないと思いますが、 銀行系消費者金融や信販系キャッシングでも独自の審査基準を有する場合もあります。 有利な条件の割には審査がすんなり通る所もあります。

実はインターネットで申し込めるキャッシング会社で、 人気のある会社の多くがこういった有利で便利な条件を兼ね備えているのです。

専業主婦(主夫)とキャッシングの申込

キャッシングを申し込んで融資を受けるには、 決まった収入がありきちんと返済できるのかという返済能力が審査で見極められます。 最近では改正貸金業法の影響で専業主婦(主夫)の方のキャッシングの利用も制限が厳しくなりました。

収入の無い専業主婦/主夫の方が借入れをする際、配偶者の方の年収を参考に審査するため、 同意書や夫婦関係証明書類が必要となります。 つまり、配偶者の同意と住民票が必要となりますので注意したいです。

その他、一般に収入のある方でも改正貸金業法の総量規制で 年収の3分の1を超える借入れがある場合、新たな借入れはできません。 クレジットカードを使用した借入れ(キャッシング)については、総量規制の対象となります。 しかし、クレジットカードを利用したショッピングは対象外です。ややこしいですが知っておきたい事の一つです。

参考ページ
日本貸金業協会(外部リンク)


申込を検討する前に準備しておきたい事(考えておきたい事)


キャッシングの返済計画フォト 借りたお金には利息がつきます。 決められた期日に返済する必要もあります。 その為の計画は絶対必要です。基本的な考え方とは?

キャッシングの返済計画

融資先の確認フォト 悪質な違法貸金業者に関わらない為の基本的な事柄を記載させて頂いております。 基本事項を再確認して悪質な業者を見分けましょう。

融資先の確認


キャッシング申込みの準備フォト すべての業者が同じ審査基準で審査をするわけではありませんが、 基本的な必要書類などは大体同じです。事前の準備を再確認しましょう。

キャッシング申込みの準備

キャッシングの目的の整理フォト キャッシングを利用する目的を再確認したいです。 つまり絶対的に収入が足りていない状況では安易に借りない事が大切です。

キャッシングの目的の整理


安心キャッシングの為にフォト お勧めされている会社は大手や有名なところが多いのです。人気があるのには必ず理由があります。 それを見ていきましょう。

安心キャッシングの為に

申込を検討する前に準備しておきたい事(考えておきたい事)イメージ


スポンサードリンク