top画像左
top右

アイフルの経営状況

キャッシング業界でのアイフルに関しての私的整理に関するニュースを紹介しています。キャッシング業界では大手のアイフルでさえも私的整理を選択するほどまで苦しい状況のようです。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2009-10-24

どうする?アイフル〜

消費者金融大手のアイフルが私的整理の「事業再生ADR(裁判外紛争解決手続き)」の準備に入った事は、 もうすでに有名な話かもしれません。

一時はコミカルでテンポのよいテレビ CMがよく流れていました。 それに伴って、知名度と利用者を増加させてきた事でも記憶に新しいと思います。 アイフルはキャッシング業界では資本的には独立系です。

各消費者金融企業は、 みなし弁済の返済引当金や貸し出し利息の低下は深刻な経営難を引き起こしているようです。 アイフルも例外ではなかったようです。

アイフルの経営状況

これまで改正貸金業法の施行に備えて大手の消費者金融各社は上限金利を下げました。 これが直接利益を押し下げ経営状態の悪化に直撃したことは確実です。

さらに今後も起こる過払い金返還訴訟による影響も甚大なものとなっているようです。

そういえば最近アイフルのCMを見なくなった。と感じた方も多いかもしれません。 一方で、銀行などに系列化されたキャッシング各社のテレビCMはよく見かけるかもしれません。 これがいわえる「銀行系消費者金融」です。

銀行系という言葉どおり、銀行の安心なブランドを前面に押し出し、 一方で資本的な援助も受けつつ生き残りを賭けている状況のようです。

加速する業界の再編

アイフルは債務返済猶予や店舗・人員の削減で再建を目指すとしていますが、 厳しい見方もあることは事実です。 資金的な返済に猶予や免除を求めても、 根本的な経営改善が見込めなければそういった戦略の同意は得られません。

縮小方向での経営戦略は、 業界内のシェアに影響しさらなる収益悪化を引き起こす可能性もあります。 大方の見方では単体での生き残りは難しく、 どこかが受け皿として経営を引き継ぐ可能性も高いという話もあるようです。

現状での消費者金融業界は大手でさえ各社ともに銀行などの傘下に収まり、 資金的な面でもブランド的な面でも支援を受けている状態です。

独立系ではキャッシング業界としての生き残りも厳しいかもしれません。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク