top画像左
top右

フリーターや派遣社員のキャッシング事情

キャッシング業界に関連してフリーターの状況に関してのニュースを紹介しています。キャッシング業界では雇用の多様化に対応すべくフリーターなどの方にも与信を付与する方向で進んでいる状況ようです。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2012-02-26

近年の雇用形態の変化と消費者金融業界の状況

フリーター・派遣社員は定職ではないという考えがひと昔前までは一般的でしたが、 今の日本では雇用形態が大きく変化してきている背景もあります。 現在でも雇用形態や収入により審査を否決したり、低額与信とする基準も存在しますが大手を中心に、 そういった部分でもキャッシングやカードローンの利用を積極的にアピールしている場合もあります。

近年の雇用形態の変化から一度はフリーターや派遣社員の審査などは緩和されましたが、 出資法の改正による上限金利の引き下げによって、現在では再び審査が厳しくなっている状況にあります。

当然、ノンバンクとはいえお金を貸す出す方は慈善事業で融資を行っているわけではありません。 これまでのキャッシングやカードローンなどは出資法の上限金利一杯で貸出すれば大きな利益を生み出してくれていましたので、 多少の貸し倒れのリスクも吸収できていました。 しかし、ここにきてそれがなくなり必然的に審査基準を厳しくせざるを得ない状況になっているのです。

アルバイトや派遣社員のキャッシングやカードローン申込

通常勤労者は自分の勤める社名や店名、所在地、電話番号などを持っていますが、 そうでない場合はそういったものを記入する事が不可能です。 そもそも年収がないと、つまり収入がないと審査ができない事は当たり前の話です。

大手などのキャッシングやカードローンはまじめに働いているアルバイトや派遣社員の方々の申込も審査を行っている状況です。 融資を行う側にとって一番恐れるべき自体は貸したお金が返ってこない事です。

低額与信でも自社を利用してくれてきちんと利用してくれる分には問題ないと判断している部分もありますが、 すでに他の業者や会社などから借り入れが複数存在する場合などは警戒されるでしょう。

雇用の多様化と今後の消費者金融関連業界

本来であれば将来的な事も考えて、 正社員で企業に在籍して年齢に応じて昇給するシステムの恩赦にあずかる事は正当な道といえますが、 やりたい事や夢などが存在してそういった道を歩まない人も存在します。

一概にはいえませんがいつまでも誰でも変わりが可能な状況で勤める状況というリスクも認識しておく必要がありそうです。 きちんとキャッシングサービスを利用して生活する事には問題がありませんが、 お金を借り入れる必要が出てくる生活を続ける事は将来的なリスク回避には根本的にならない可能性がある事を再認識しましょう。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク