top画像左
top右

学生がローンと上手に付き合う方法とは?

連休が存在する五月は旅行やレジャーなどで意外と出費が多くなる時期です。連休を旅行やレジャーで過ごして出費がかさんだ場合にはキャッシングやフリーローンを賢く利用して乗り切りましょう。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2013-07-24

今はクリーン・昔はちょっぴり・・・なイメージが消費者金融

これからキャッシング(フリーローン、無担保ローン)を申込みしようかな?と考えている学生さんも、 近い将来に急にお金が足りない時がやってきた時の為に申込みだけは済ませておこうかな? と考えている学生さんも知っておいて損はない情報を記載させて頂きます。

一昔前ならば無担保ローンは担保が要らない代わりに金利が高いという事が一般的な常識でした。そりゃそうです。 貸す側にしてみれば万が一貸したお金が返ってこない場合に担保があれば安心だからです。

キャンパスイメージ 担保(保険)がない人にお金を貸す場合には出来る限り金利を高く設定しておきたいというのは当たり前の話です。

今の若い世代の方々は知らないかもしれませんが、「サラリーローン」という言葉が今のキャッシング、フリーローンに近い意味を持っていました。 その頃は、学生はもちろんフリーターの方などからは縁遠い存在でした。

学生が急な出費でお金を借りるには専門の会社を利用する事が一般的でした。 当時からあった学生専門のローン会社が老舗として今なお営業しているのもそういった歴史が背景にあります。

現在の30歳代後半以降の世代の方は「サラ金地獄」という言葉を耳にした事があると思います。 現在でも「過払い」や「多重債務」などの問題が形を変えて残っています。

ただ、これらは借り手側の問題であるという場合が大きいので今後の経過に注目しておく事は重要かもしれませんが、 完済までの計画を持って利用すれば、20歳以上の一定の収入のある学生さんの場合には大丈夫でしょう。

全体的に、現在では大手の消費者金融各社のクリーンな営業活動が主であり、以前の様なグレーな雰囲気は完全に払拭されています。 もちろん、20歳以上の学生さんの場合にはアルバイトなどの一定の収入があればキャッシングは利用できます。

ただ、依然として学生ローンの老舗の会社を利用する学生さんも多いです。 これは、学生さんの先輩などのクチコミや紹介などで情報を収集するからです。 老舗の学生ローンの会社は、スピード対応で学生さん向けのサービスを長年行ってきた専門会社のノウハウが存在するからでしょう。

お金を借りるのだけで精いっぱいでは駄目?

冷静に考えてみてください。 「欲しいものがある」「行きたい旅行がある」「絶対に外せない行事がある」学生さんでも色々な事情や人付き合いなどがある事は確かです。

お金がどうしても足りないという時にはアルバイトの給料日までのつなぎとして学生ローンなどの利用を検討する方が多いです。 しかし、自分自身のお金を借りることで精いっぱいで、周りの状況が把握できなければそれはそれであまりよろしくないと言えます。

物事には裏と表が存在するように、お金の貸し借りにも借りる側と貸す側の両方が存在します。お金の事でちょっぴり失敗した学生さんも、 これから学生ローンや学生キャッシング(フリーローン)の利用を検討している学生さんも少し冷静に物事を見つめてみましょう。

貸す側の心理を考えてみる
こういった考え方も時には重要です。 学生さん学校に在籍している限りは学校に出席しなければならない時が必ずあります。 つまり、貸す側からすれば借りたお金を返さずにどこかに行ってしまう可能性が低いとも考えられます。

だから「お金を貸す側」からしてみれば学生さんの学校(学生証)を確認しておけばある程度安心できると判断するのです。 しかも、学生さんが使うお金の金額はそれ程大金にならないものです。

まさか、自営業者の方の様に会社の運転資金がウン百万円足らない・・・という事はないですよね。 せいぜい、アルバイトで返済できる金額しかお金は使わないはずです。

部活やサークルが意外と出費がかさむというような事情もあるかもしれませんが、 大抵の学生さんは普通に学生生活を送っていて大金が急に必要になるときはほとんどないはずです 音楽関係や特異な活動をする場合は何かと出費が多くなる事もあります。

大きな出費があるとすれば、自動車の運転免許や自動二輪の運転免許を取得する時や自動車やバイクなどを購入する時ぐらいが一般的であると思います。

両親が健在の学生さんならば万が一の場合には(あってはならない事ですが)、最終的には親御さんも手を差し伸べてくれる事も多いです。 お金の問題は友人関係や人間関係をギクシャクさせる大きな要因を引き起こす事も多いです。

だからこそ長い目で見れば、正当な会社から正しい手順でお金を借りてきちんと返済する事が一番なのです。 大学生は20歳を過ぎれば「大学生」という社会的な地位を持ったまま大人の仲間入りができる部分が多いです。

これから社会人となって働く前に、 世の中の常識と社会人としての良識を養いつつ、学生生活をエンジョイする事も忘れない様にしたいものです。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク