top画像左
top右

不意にある喜ばしいけど痛いお祝いの出費

結婚式などのお祝いも続けば日常生活を圧迫する大きな出費になりますがキャッシングを上手に利用して乗り切りたいです。結婚式のお祝いの出費で苦しい月は賢くキャッシングでやりくりする方法もありですよ。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2013-10-12

友人・知人・同僚の結婚は嬉しいけれど・・・

10代後半から20代前半までは遊び一辺倒でも20代後半から30代になると徐々に意識させられるのが「結婚」という二文字です。 自分の件婚はさておいて、友人、知人などの結婚式続いた場合、お祝いのお金が結構な負担になるケースもあります。

一方で、本来ならば親しい友人や会社の同僚などの結婚が決まった場合には全力でお祝いしてあげたいのはもちろんですが、 「大人の事情がそうもいかない」現実を認識させる事があります。要するにお金の問題ですが・・・。

お祝い袋イメージ 一年に2〜3件程度の結婚式に招かれる程度ならば「予定外の出費だけけれどなんとか・・・。」 という感じでやりくりできる人でも半年に3〜5件位まとまって重なる時もあります。

こうなってくると金銭的にはかなり苦しくなる状況です。

恐らく、最後は賞与頼みでキャッシングやフリーローンでつないでいく状況になる方も多いでしょう。 実際に親しい友人や知人が立て続けに結婚してしまうなんて事は周囲を見渡せば良く聞く話です。

一般的には祝儀は3万円です。最近では2万円、1万円というこれまであまり聞かなかった額を包む方もいらっしゃるようですが、 やはり一般的な傾向と常識を考えると3万円は基本的なラインと考えるのは今後も続きそうです。

そうなると、立て続けに3回、結婚式に誘われるとそれだけでもかなりの負担です。 重ねて記載しますが、本当は結婚式に招かれる事は喜ばしい事ですし、 みなさん結婚される方々に対してのお祝いの気持ちは忘れていないでしょうけれども、あくまで金銭的な面での不安を考えた話です。

お金の問題は日常生活に直結する問題ですし、 ないがしろにして「なる様になるさ」という楽観的な考え方で過ごして取り返しのつかない状況になる事も怖いですよね。 やはり、真剣に考えて行動する事がベストです。

友人、知人、会社の同僚などの結婚式に対する気持ち

「おめでとう」という気持ちよりも先に「うわぁ、今月やばいかも」 という金銭的な面のことを真っ先に考えてしまう自分がちょっと嫌になる方も多いかもしれません。

男女ともに、一部の上場企業を除いては毎月ギリギリの生活を余儀なくされているという事も少なくありません。 最近では雇用形態も以前の正社員かパート、 アルバイトという分類ではなく、正社員、契約社員、派遣社員、パート、アルバイトと様々な分類が出現しています。

しかも、昔の働く人に対しての正社員の割合と比べると、現在の方がはるかに少ない割合になっている状況があります。 つまり、それだけ多くの方々が不安定で低賃金な生活を余儀なくされている状況なのです。

だから、結婚式のお祝い金などの出費が続けばギリギリの生活のバランスが崩れてしまい。 元に戻すのに時間がかかってしまう事が多くなっているのでしょう。 実際に、「結婚式に招かれた際のお祝いなどの費用ぐらいで・・・。」という思いはあるかもしれませんが、 一方で結婚式に招かれる事が続いた場合の事を想像してみて下さい。

親しい友人や知人や会社の同僚などが結婚する事は非常に喜ばしい反面、 昔の風習で決められた結婚式のお祝いを渡す事は現代のギリギリの生活を続けている方々にはちょっと重荷になる事もあると言えます。

最近では大手のキャッシングサービスやフリーローンを取り扱う会社などは 「20歳以上で一定の定期ていな収入がある事」という条件で契約社員やパート、 アルバイトの方でも利用できるサービスが増加しています。

もちろん、利用前にはより詳細な条件での確認は必要でしょうし、借りるだけでなく返済する際の計画などの必要性も出てくるでしょうけれども・・・。 やっぱりお金が必要な時で、困った今月ピンチという場合に気軽に借りれるサービスを最低でも一つは確保しておいた方が安心できる事も事実です。

結婚式に招かれた際の費用を工面する話などのその一例ですが、 思わぬ出費が続いてちょっぴりピンチという場合に残された手段としてキャッシングやフリーローンなどのサービスを一つ、 二つは知っておいて、申込を済ませておく事が必要かもしれませんね。

最近では30代、40代の男女共に周囲を見渡した場合、半数が結婚していないということも多いです。 同窓会に出席した際にも半数ぐらいが結婚はおろか、男女の付き合いがわずらわしく特別な異性とお付き合いしていないなんてこともあります。

結婚式は挙式を行う本人達も大変ですが、招かれる方のお祝いなどの出費も続けば結構大変なことに感じますね。 もちろん、友人知人、会社の同僚や後輩などが幸せになる事は心からお祝いしたい気持ちはみんなあるでしょうけれども。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク