top画像左
top右

低年収世代は意外と生活上手?

低年収の最近の若い世代の方のキャッシングの利用方法は実質的な生活費に近い使い道です。低年収の方がキャッシングやフリーローンを日常生活で賢く利用する為のヒントや情報などを記載しています。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2013-11-16

最近の若者ほど柔軟に時代に適応している気が・・・

低年収世代という言い方は語弊があるかもしれませんが、 要するにバブル時代の様に誰でも好景気の恩赦のおかげで「そこそこの給料」をもらえていた時代とは真逆の世代の方を指しています。

当然、キャッシングやフリーローンを利用する場合などにも最近の若い世代の方々の心理は一昔前とは違います。 今では、クレジットカードのキャッシング枠やフリーローンの利用などはピンチの月の柔軟な対応方法の一つとなっているのです。

バブルイメージ 特に男性の方達の世代における生活パターン、というか生活スタイルは時代の影響を色濃く受ける為、 各世代によって様々な違いが見受けられますよね。

例えば、草食系男子、弁当男子、などという言葉はバブル世代の華やかで勢いのあった時代では想像も出来ない生活スタイルでしょう。

日本では失われた20年という時代がバブルの後始末が終わってから続いている状態です。 お金を借りるにしてもそうです。

景気が上向きでそれが永遠に続くと錯覚してしまうような状態の時は、「なぜ投資しないの?バカだなぁ」という感覚でしたが、 今ではそういった考え方でお金を借りる人はいませんよね。キャッシングやフリーローンの利用でも同じです。

小額のお金を短期間で返済できる範囲でしか借りない方も非常に多いです。 つまり、「景気が良くなって昇給してボーナスが増額して生活がよくなる」という幻想など、 微塵も期待していないのです。

見ているものは超現実的なことばかりで、考えている事は非常に繊細なのです。 だから周囲の状況に浮かれることなく、キャッシングやフリーローンなども必要な時に必要な額を渋々利用するという傾向もあるのです。

所得が少ないなりに自分が満足できるスタイルを確立?

お金の使い方も無駄で派手な浪費に費やすという事は慎むという方も多いです。 もちろん、キャッシングやフリーローンで足らない分を借りるという場合でも、 あくまで必要な金額を必要なだけ借りて、すぐに返済するという事が多いです。

これは若い世代の方が、自分たちの稼げるお金の範囲で賢く生活をしているという現れです。 贅沢する事自体を楽しむのではなく、日々のちょっとした事で満足して質素倹約な生活を実践しているのです。

キャッシングやフリーローンで借りたお金をかけごとや無駄遣いに使用するのではなく、 堅実的な事に使用したり、日常生活の為のお金の足しにしているのです。

本来、小口の個人融資、キャッシングやフリーローンはそういった使い方が健全であり、 計画的に利用していればこれほど便利なサービスは無いのです。 利息は日割りですし大手の消費者金融などは面倒な手続きもかなり簡略化されていますからね。(借入れする金額にもよりますが・・・。)

外食を極力避け、アルコール類を飲む場合にはスーパーやコンビニなどで購入して家で飲むというのは当たり前。 映画が見たくなったらDVDをレンタルして家でみる、という徹底ぶりが今の現状の景気に柔軟に対応した生活と言えると思います。

つまり、20年前に生まれた方などは経済が成長して景気が上向きになる状態というものに関してはまるで経験が無いのです。

当然、経済は成長するモノ、自分たちが頑張ればその分給料が上昇するといった、「数十年前では当たり前の話」が信じられなかったりします。

「好景気」って何?それって美味しいの?

景気が良くなると一般的な庶民レベルではどうなるか簡単に流してみたいと思います。 景気が良くなると、多くの方が羽振りが良くなり、その羽振りの良さが結果的に次々と色々な業界を巻き込んで国中が好景気、好況になるのです。

「モノを作れば売れる」という状態になれば生産力を向上させる為に労働力の確保の動きが拡大します。 そうなると、人員確保の為の各企業間の競争が起こります。

生産能力を拡大したい企業はこぞって労働条件を良くしたり賃金を魅力的な金額にしたりします。 新卒の就職口も選べるほどになり、もちろん大卒者は大手企業から選びたい放題、 高待遇が約束され、一年目から景気の良い待遇を受けたりもします。

だから、社会人にもなればそれなりの大人の遊びにもお金を使いますし、 便利で見栄えの良い車もローンを組んで購入したりします。 もちろん、普段の生活でも次の給料までピンチの際には気軽にキャッシングやフリーローンを利用します。

その行動の裏にある審理は「ちょっと借りたけど・・・どうせ次の給料やボーナスが出たらすぐに返済できるからいいや」という気持ちなのです。

多少、順序が違っていたり誇大な表現になっている可能性がありますが、超簡単に説明するとこんな感じです。 バブル世代を味わった方々はこういった華やかで勢いのあった時代を経験しています。

一方で20年前に生まれた世代はその様な過去の話は経験もしていないのです。 だから、逆に柔軟に現状の生活を受け入れられているのかもしれません。

キャッシングやフリーローンを上手に利用して、各社色々とサービスの質もそうですが、 条件などの競争が激化している状況も色々な生活背景があります。

自動車業界のお偉いさんが理解できない最近の若者の購買意欲

「若い世代の人間の車離れをどうしたら食い止められるか?」

という話題をたまに耳にしたり、目にしたりする事がありますが、 そも「そもこの発想自体が間違っている」という事に気づかないのはなぜでしょうか?

若い者たちは自動車に関心が無いわけではないのです。 車両を購入する資金はもちろん、維持費やランニングコスト、 保険関係の出費を支払えないと冷静に判断しているから自動車を購入しないのです。

そのあたり、自動車会社関連のお偉い方は、もっと庶民レベルで若い世代の生活環境を凝視する必要があります。 「最近の若者は元気がない」と高度成長期時代を生き抜いてきた、仕事の面ではある種恵まれた方々が言います。

そういった方々は年収300万円世代、下手をすると200万円台の方の気持ち、現状などを微塵も考えた事が無いのです。 給料をもらって毎月カツカツ、 予想外の出費やちょっと贅沢してピンチの月にはキャッシングやフリーローンを利用して乗り切る・・・ というような生活はおよそ想像できないでしょう。

自動車関係という日本でも基幹産業的で巨大な業界に努めているお偉いさん方こそ、自分たちの会社の将来的な利益なども考慮すれば、 もっと日本人の若者が好景気で「色々なモノやサービスは拡大する賃金で購入する」という意識になる様に仕向けるべきでしょう。

低年収の生活で現代の世の中を生活している若者達は、キャッシングやフリーローンの利用方法もさることながら、 日常生活内での優先順位の付け方などもかなりシビアになっていると言えます。 こういった部分はバブル世代、団塊の世代ジュニアあたりの方がは考える必要があります。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク