top画像左
top右

どうなる?日本の金融

キャッシング業界と金融機関の今後を個人のローン返済などに絡めて述べています。キャッシング業界の動向は金融機関と個人のローン問題にも大きな影響を与える可能性があるのです。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2009-10-28

貸出先の属性と回収率

米景気は最悪期を脱し回復に転じたようです。 ウォール街は金融危機が起こる前の活気を取り戻しつつあり、 トレードやファンドなどで大きな利益を生み出している金融企業などもあります。

一方で、米国の中小金融機関は不動産融資への依存度が約7割と高く、 住宅ローンなどの焦げ付きが大きな経営への打撃になっているようです。

日本でも金融機関の融資が受けにくくなる傾向があります。 特にノンバンクや消費者金融などにおいてはその傾向が顕著です。 そのなかでもキャッシング関連の事業は、 もはや企業にとって大きな利益を生み出す事業ではなくなっているとさえ言われています。

これからは貸し出しに際しての審査基準や規制が厳しくなります。 総量規制や信用情報の情報の共有化などで、 多重債務者や自己破産などを防止する方向に進みそうです。 しかし、しばらくは逆に借りれない状況で苦しむ人が増加する可能性はありそうです。

雇用不安から消費低迷の不景気

雇用不安が広まるなか、政府や経済関連の報告では景気は回復の方向にむかっている、 という意見が多くなっています。 しかし、経済情勢は力強く景気の回復傾向を示しているとは言えないようです。

雇用の不安にさらされている人々は消費を抑えます。 もちろん失業などで収入が途絶えた人はさらに一層生活費などの工面は深刻です。

低価格路線が小売業の戦略の主となり、 全国展開しているチェーン店などは店舗の統廃合などの合理化で生き残りをかけます。 当然その中には人件費の削減も含まれています。 リストラにあった人は消費を抑えるようになり、負のスパイラルが生まれるのです。

皮肉にも生き残りをかけた戦略が、 長い目で見た大きな経済情勢の中では自分自身の首を絞めている状況なのです。

身近な問題キャッシングのこれから

グレーゾーン撤廃、みなし弁済適用の厳格化、 貸し出し利率の低下がキャッシング事業の収益を悪化させる要因となっています。 生活費に困った人が新規に融資を申し込んでも、 すんなりと融資を受けれていたものが今後は不可になる可能性も高まります。

もちろん総量規制により、年収の三分の一以上の融資は受ける事が出来ず、 破綻する人も一時的に増加する可能性もあります。

住宅ローンが払えずキャッシングで急場をしのいでいる人も、 景気の回復が遅れれば家計破綻に追い込まれる可能性もあります。 こういった問題はこれから徐々に表面化していくでしょう。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク