top画像左
top右

趣味を楽しむ場合のキャッシングのヒント

自動車関連の費用でキャッシングローンを上手に使うヒントや考え方を紹介させて頂いております。自動車関連の費用でキャッシングやローンを利用しながら上手にやりくりしていく賢い生活術とは?ご参考に・・。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2013-12-09

車関係の費用のアテに困った場合に考える借り先

キャッシングやフリーローンはカーライフを趣味として楽しむ方にも使いようによっては力強い味方になってくれるでしょう。 自動車のドライブやカスタムやチューニングなどを楽しむ場合には急な費用や入用があるからです。

「カーライフを楽しむ?」

自動車イメージ と思われた方の為に一応解説させて頂きますが、自動車は単なる移動手段と割り切って使用する場合と、 「愛車として親しみ走ること自体を楽しむ」場合に分けることができます。

本当はもっと細かく分類できそうですが、とりあえず大雑把に分けただけですが・・・。 新車を購入した場合、販売店から購入した状態でもなんら不自由なく使用することが可能です。

しかし、見た目をかっこよくしたり自動車本来の性能をフルに搾り出すためのパーツなどを購入して取り付けることも可能なのです。 足回りならば純正のホイールから市販のアルミホイールなどに交換したり、 純正のマフラーをスポーツマフラーに交換したりするドレスアップです。

自動車の外見のイメージをガラリと変更させたい場合などはエアロパーツといって、 前後のバンパーやサイドステップを個性的な部品に変更、追加することでも十分可能です。

実際に自動車が好きな若い世代の方は、ローンで新車を購入して会社の給料で維持費をまかない、 ある程度お金が貯まったら好みのパーツなどを購入するというケースも多いです。

もちろん、そういった場合にはいつもカツカツの生活をしてる事が多いので、 彼女とのデートや急な入用がある場合にはキャッシングサービスやフリーローンサービスを利用する方もいらっしゃいます。

見た目を個性的にする事をドレスアップといったり、カスタムと言ったりします。 一方で、自動車の走行性能を向上させるための部品交換などはチューニングと言われています。

どちらも購入した純正の状態と比較するとそれぞれ持ち主の個性が発揮されます。 一方で、費用面を考えるとかなり高額な出費になる事もありますが・・・。

自動車の維持費・メンテナンス費用・などを考える場合

自動車の購入を考えるとそれ自体大きな出費を想定する必要があります。 車本体の価格はもちろん、駐車場代や税金・保険などですよね。 それ以外にも自動車を保有する場合には色々と維持費が発生しますがご存知でしょうか?

「そんなの知ってるよ!」

と思われた方は実際に自動車を保有する方でしょう。 ガソリン代、タイヤ代、オイル交換費用、車検代などですね。 そうなんです、車を一台持つということは便利さと引き換えに、なかなか見えない維持費用も負担する必要があったりします。

それ以外にも自動車を愛車と呼ぶ方々はさらに余分な出費が色々とありますが、 ご存知でしょうか?自分のマイカーを愛車と呼ぶ方々は自分の車をより個性的にドレスアップしたり、 チューンナップしたりして、より自分の好みの味付けを行います。

そうすると、どんどん車というのは愛着がわいてくるものなのです。 そうなると、交換した部品のメンテナンスや消耗品の交換で結構な出費がかさむ結果になるのです。

自動車は通常の出費はもちろんありますが、予想外の出費も多いです。 事故や故障などがそうですね。 そうなると「来月はボーナスだから収入の予定はあるけれど・・・。今すぐお金が必要だ。」という状況も出てきます。

そういった場合には、素早く申込めて手軽に小額のお金からでも借りられるキャッシングやフリーローンが威力を発揮します。 使い方によっては消費者金融や銀行系のフリーローンは便利で安心できるサービスです。

また、一方で、消耗品などをカスタムしている場合などは交換や維持費が大変です。 例えば、タイヤなどがその典型的な代表例です。 スポーツ走行が好きな方の場合はタイヤの消耗が当然激しいですし、 ドレスアップが目的の場合もタイヤの交換の歳の代金は非常に割高です。

ワンボックスがブームの今の時代では18インチアルミホイールでは物足りなく感じる方が多いようで・・・。 19インチや20インチのタイヤに交換している方も多いです。

そうなると、タイヤ代が純正のサイズと比較するとべらぼうに高いのです。 もちろんホイール自体も高額でそれなりの出費になります。さらに、自動車のタイヤは消耗品ですが。 走行距離が少なくても数年が経過するとひび割れなどでタイヤを交換する費用が必要になります。

純正のタイヤがせいぜい4本交換しても4万円から高くても7、8万円くらいなのに対して、 長扁平タイヤの場合にはその代金が10万以上、下手をすると15万円くらいの費用になります。 (海外の激安タイヤなどは別ですが・・・。)

自動車の維持費は、ガソリン代、保険代金、車検代、駐車場代、オイル交換などの消耗品の交換、メンテナンスが必要です。 それに、交換するたびに高額になるタイヤ代、という事になると結構な負担になるものです。

会社勤めの方の場合には順調に給料やボーナスがもらえる場合ならば予定も立てやすいですが、 タイヤのパンクや、自動車を当てたりこすったりした場合などのアクシデントの修理費用なども考えると・・・・。

「今月ピンチ、マジヤバイ」

という状況になる場合もあります。 車検にタイヤ交換、任意保険代、そういった自動車を維持する費用が重なるとお金が足りなくなるということもあります。 特に自動車をカスタムしている場合などは純正の部品以上に費用が高額になったりすることもあります。

「車検代、とりあえずアイツに借りようか・・・。」という事で気前良くお金を貸してくれる友達がいれば問題ないですが・・・。

あるいは「今月ピンチ、来月のボーナスで必ず返すから・・・。」 という事で頼めばお金を出してくれるご両親や兄弟がいれば問題ないでしょうけれども・・・。

しかし、お金の問題はひとつ間違えれば人間関係をギクシャクさせる火種の要因にもなります。 そんな時には親、兄弟、友人、知人、会社の同僚以外にお金を借りられる先を確保しておくことです。

あるいは「今月ピンチ、来月のボーナスで必ず返すから・・・。」 という事で頼めばお金を出してくれるご両親や兄弟がいれば問題ないでしょうけれども・・・。

そういった場合に考えられるのがキャッシングサービスやフリーローンと呼ばれるサービスです。 初めてのキャッシングの場合には手順が慣れていない為にアレですが、きちんと返済して利用しているうちに、 その便利さを実感できるでしょう。

自動車の維持やメンテナンスの代金でキャッシングサービスやフリーローンサービスを利用する事は、 事前に収入の予定や目処があれば、利息も大きな負担にならずに素早く、トラブルなどもなく借りられます。

大好きな愛車に関する費用を工面する為に周りの方にお金を借りて人間関係をこじらせるのもイヤなものですよね。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク