top画像左
top右

充実したアイフルのサービス

かつての消費者金融業界の大手のアイフルの2014年現在のサービスの水準や状況を解説しています。消費者金融としてはブランド力があり知名度も高いアイフルのサービスは現在は充実しています。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2014-10-08

知名度を生かした戦略で巻き返す!?アイフル

アイルフルイメージ アイフルのカードローンサービスが盛り返してきている事が確認できます。 アイフルは大手の消費者金融のひとつでしたが貸金業法の改正などで窮地になっています。

グレーゾーン金利廃止、上限金利の引き下げなどの影響も乗り越え再起の道へ進む状況です。 もともと知名度もあり消費者金融の大手としてブランド力もあるのでその辺りを活かした戦略が期待されます。

アイフルのキャッシングサービスはアコムやプロミスなどと比較しても大きく劣らない点もたくさんあります。最近ではテレビコマーシャルなども流れています。

そんなアイフルのキャッシングサービスに関してメリットなどを紹介させて頂きますので気になっている人はながし読みでも結構ですので一読されるとよいと思います。

アイフルのカードローンならでは三つのメリット

自動契約機を最大限に利用すれば土日・祝日でもカードを作る事が可能
土日・祝日もアイフルの自動契約機は営業中です。 インターネットで申込後、カードを自動契約機で受け取るという方法が選択できます。これが1番早い方法です。

アイフルの自動契約機の営業時間は、土日に関係なく9時?21時まで、 ATMは23時まで営業していますのでカード作成後すぐに利用可能です。 つまりかなり遅くまで営業時間が取られていますので会社帰りでも即日融資が可能です。

※時間帯により翌日以降になる場合がございます。
※店舗により営業時間が一部異なります。

全国どこでもネットで完結(一定の条件があります)
アイフルのカードローンは今すぐでも申し込めます。 もちろん全国どこでも借入可能なので、「とにかく、今すぐ借りたい!」、 「わずらわしい手続きは、めんどくさい!」という人は検討してみる価値はあるでしょう。

⇒お申込みからご融資までネットで完結します!
⇒来店は不要で日本全国どこからでもお申込みOK。

申込み完了まで家族に内緒にできる
家族や周囲にばれずカードを受取れるサービスがあります。 「カードの受取りが面倒で、なかなか時間が取れない」、 「そんな暇ない!」、「家族や周囲にばれそうで不安!」という人でも安心のサービスがあります。

それがカード受け取り時間の選択です。 新サービス「配達時間えらべーる」なら希望日時に受取れますので安心してカードを受け取る事が可能です。

「意外といいかも・・・」と感じた人は早速申込みを!

▽アイフルへのお申し込みは簡易審査で今すぐチェック▽

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

過去のアイフルに関するコンテンツ

アイフルに関する経営的な危機などは過去の当サイトのニュース内でも取り扱った事があります。 「 アイフルの経営状況 」(2009-10-24) というコンテンツです。当時は消費者金融業界の再編の真っただ中でしたね。

その後の続報としては「 アイフルの最近(2012年前後)の動向 」(2012-05-15)でもお伝えしております。 人員整理などでかなりのスリム化がされております。

2009年当時は現在の様なほとんどが銀行資本系とそれ以外の少数の独立系というわかりやすい構図になる事は当時では予測できませんでした。

現在の形態もまだ過渡期というとらえ方もできます。移り変わりが早い業界だけにこまめに情報を収集しておく必要があるでしょう。 まぁ、サービス面では非常に優れているので安心して利用してよいかと思いますが。

2014年、アイフルはこれまでに行ってきた債務返済猶予や店舗・ 人員の削減などの継続で再建を図ると同時に債務返済の軽減措置の5年間延長を求めておりこれが債権者会議で合意されています。

以前の知名度とブランド力を活かして活路を見出す戦略は随所から垣間見えますが厳しい見方もあることは事実です。 サービスの拡充と顧客の信頼回復によって再び盛り返す可能性は今後に掛かっていると言えそうです。

現在の状況では銀行系のプロミスやアコム、ノーローンなどが強力な資本力をバックにサービスの充実を図っています。 消費者金融業界は銀行系のカードローンとの競合にもさらされています。 借りる側からすれば便利で有利なサービスが増加すればそれだけ選択肢が増えるわけですから良い方向と言えますよね。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク