top画像左
top右

注意したい平成28年10月1日以降の申込み

キャッシングの申込みなどにも影響してくる平成28年10月からの法律改正によるこれまでの変更点などを紹介しています。キャッシングなどの申込み時に慌てないように今回の法改正の要点と変更点などを確認しておきましょう。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2016-09-22

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正

要点は身分証明書の顔写真の有無で追加の本人確認書類が必要になってくる場合もあるということです。

銀行などでは、「犯罪による収益の移転防止に関する法律」にもとづいて口座開設や10万円を超える現金の振込み等には申し出た人の氏名、住居、生年月日等について確認しています。

この法律の改正により、平成28 年10 月1日から確認方法が一部変更されるということになっています。

つまり、各種健康保険証等の顔写真がない本人確認書類を提示した場合には他の本人確認書類や公共料金の領収書の提示等が追加でお願いされる場合があるということです。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」の改正のまとめ

「10月から身分証明書の提示が変わる」ということだけは知っておきたいです。

犯罪収益移転防止法が改正されて顔写真付きの身分証明書でないとキャッシングやクレカの申込みの際に追加の身分証明書類の提示を求められる場合があるということです。

顔写真付きの身分証明書の提示は、預金口座の開設を行う場合や、200万円を超える現金の入出金を行う場合、10万円を超える現金の振込みなどにも適用されます。

健康保険証や年金手帳は使えますのでその点は安心してよいと思います。

顔写真付きでない身分証明書の代表的な例としては、健康保険証や国民年金手帳などといった書類です。

これらも取引時に本人確認として使えます。

ただし、別の本人確認書類(住民票の写し等)や、現住所の記載がある公共料金の領収書等の提示も追加で必要です。

【本人確認として認められる書類】
・運転免許証
・マイナンバーカード(個人番号カード)
・パスポート
・在留カード
・健康保険証
・国民年金手帳 など

最近の傾向ではキャッシングはスピーディーさがひとつのセールスポイントになっています。

こうした利便性を損なわないように書類の不備などがないようにしたいですよね。

「せっかく借りられるはずだったキャッシングが希望通りにならない。」

悲しいですからね。計画や予定がある場合なら早めに準備しておきたいです。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク