top画像左
top右

あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更

社会保険の加入ルールが拡大されて該当する人のお金のやりくりはこれまで以上にシビアになる可能性があります。社会保険の加入ルールで課税対象になりそうなパートやアルバイトの人などが上手にやりくりするためのヒントです。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2016-10-12

従業員501人以上の企業でお勤めのパートやアルバイトが対象

勤務先が大手の会社でパート勤めやアルバイトで働いている人は社会保険の加入ルールの変更で課税対象になる可能性があります。

2016年10月から社会保険の加入ルールが拡大されてます。

「え!?うそ?そんなの聞いてない」
「知っているけどどうしようもない」

色々とあると思います。

大きくみて五個の項目をチェックしてみて該当するかどうかの目安が把握できます。

社会保険の加入ルールが拡大されたことで、次の≪5つの項目≫をすべて満たすと、130万円を満たしていなくても社会保険(健康保険・厚生年金)に加入しなくてはならないことになっています。

1.勤務時間が週20時間以上
2.1ヵ月の賃金が8.8万円(年収106万円)以上
3.勤務期間が1年以上の見込み
4.勤務先が従業員501人以上の企業
5.学生ではない

あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更のまとめ

パートやアルバイトの方が拡大された社会保険の加入ルールに該当するかのポイントは先ほど記載させて頂いた通りです。

この変更によって課税対象になる場合には年収を抑えるか勤務先を変えるか、 などを検討しなければならない方もいらっしゃるでしょう。

どちらにしてもお金のやりくりは今以上にシビアになる可能性が高いです。

そうなると活躍するのが小額でも借りられるキャッシングなどです。

旦那さんに内緒でとか、家族に知られないようにとかではなくて、家計を預かる主婦の方ならやりくりの為に上手に利用することも検討したいです。

小額キャッシングのメリットは上手に活用すれば金利の負担も大きくなることが少ないですし、返済期間や返済額も大きくなることは少ないです。

家族の家計をやりくりする為に内緒でとか知られずにとかではなく、みんなの協力を得て活用する考え方もアリですよ。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク