top画像左
top右

丸和商事株式会社が民事再生法申請

キャッシング業界での丸和商事に関しての法的整理に関するニュースを紹介しています。キャッシング業界では丸和商事などの中堅会社などの多くが法的整理を選択するほどまで苦しい状況のようです。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2011-04-13

丸和商事株式会社が経営破たん

丸和商事(株)が民事再生法の適用を申請したという事のようです。 同社は主に商店向けに融資額を伸ばしてきた経緯があるようで、 俗に言う地域密着型の小口金融会社という位置付けだった同社に何が起こったのでしょうか?

丸和商事株式会社という会社について少し見ていきましょう。 昭和52年以降は時代的なサラリーローンのイメージ払しょくとともに、 業績を伸ばしてきた会社でしたが、 グレーゾーン撤廃に伴う法改正の影響下で一気に業績は急降下したという状況だったようです。

利息返還請求がもたらす業績悪化の波

旧貸金業法第43条の見做し弁済の要件を厳格に解する18年1月の最高裁判決を契機として、 利息制限法所定利率を超過した利息の返還を求める利息返還金返還請求が全国で激増した事は多くの人が知る事実です。

例にもれず、というか業界最大手や大手の各社さえも、 その返還請求金額の膨大さに経営状況の悪化を余儀なくされる中で、 中小規模の消費者金融関連企業の経営状況は返還請求に対する引当金などの積み増しで、 負担が大きくなりすぎることは明白だったといえるかもしれません。

丸和商事株式会社?というひとでも・・・

丸和商事株式会社という名前を聞いた事がない人でも、 関東・中部地区に「ニコニコクレジット」7店舗、また、 女性スタッフにより運営される女性専用「アイリス」、 ネットキャッシング「e―NIKO」などという名前を聞けば知っている人の方が多いかもしれません。

実は同社は、ピーク時の平成18年3月期には営業収入152億円を計上していた規模の会社です。 つまり、それなりの規模で地域密着型の経営方針で堅実な状況であったのです。

しかし、キャッシングという言葉でこれまでのサラ金、 サラ金地獄などというマイナスのイメージを払拭して業績を伸ばしてきた業界ですが、 ここでひとまず方向転換を余儀なくされる事は間違いないでしょう。

というか、各社の動きと経営状況を見れば明白に答えは出ているかもしれません。 それでも現在でも多重債務や自己破産などの問題を抱える人も多い状況ですが、 反面気軽に融資されなくて困っている人も徐々に問題が表面化している微妙な時期といえるかもしれません。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク