top画像左
top右

ハロウィンはどう過ごしましたか?

ハロウィンの経済効果は年々大きくなっていると言われている反面、その分出費も増えている事は事実です。ハロウィンの期間中にスペシャルイベントなどに行かれて出費したあなたの行動が経済効果になっているのです。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2016-10-26

今や大きなイベントとなりつつあるハロウィン

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのハロウィンスペシャルイベントに行かれた人も多いかもしれません。

実はそういった行動を起こして出費したこと自体が経済の効果という数字になっているのです。

2016年のハロウィンの経済効果はバレンタインデーも越えたと言われています。

ざっくりとした数字で記載させて頂くと、2015年の数字ではバレンタインが約1000億円、ハロウィンが約1100〜1200億円とも言われています。

ネットで調べた情報が数字の元ですが、大きくは違わないと思います。

ちなみにクリスマスは5000億円〜7000億円とも言われており圧倒的ですよね。なんせケーキやプレゼントがありますから。一年を通して一番出費が重なる時期といえます。

クリスマスプレゼントって好きな女性、男性に渡すものと、お子様などへ渡すものがあります。すべて入れるとそれだけでも相当な経済効果(出費)でしょう。

ハロウィンが楽しめる理由

冒頭で記載させて頂いた、東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンなどのハロウィンスペシャルイベントに行って楽しむ人も多いです。

一方で仮装したり身近なキャンペーンやイベントなど幅広く、街の至る所でハロウィンの雰囲気を味わえる事も楽しめる理由でしょう。

その分だけいつもより出費が多くなりがちです。

時期的にも夏が終わってクリスマスまでの間にある時期というのがよいですね。

それにハロウィンは大人も子どもも色々な楽しみ方ができるのも注目される理由でしょう。

若者を中心に10月賑わうイベントと言えば「ハロウィン」になりつつある状況ですが、イベントの集まりや行事になると実はお金も色々と掛かります。

ハロウィンをみんなと楽しみたくて仮装のグッズを購入したり、遠方へ出かけたりするだけでも物入りですからね。

そういった皆さんの出費が「ハロウィンの経済効果」となって実績になっていると考えると、また違った見方ができるかもしれません。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク