top画像左
top右

信用情報の取得方法

キャッシングやクレジットを利用する人も意外と個人情報に関しての知識が少ないです。キャッシングやクレジットを頻繁に利用しない人も参考にして頂きたい個人情報に関しての記述です。

新着情報

ハロウィンはどう過ごしましたか?2016-10-26
あなたは大丈夫?社会保険加入ルールの変更2016-10-12
注意したい平成28年10月1日以降の申込み2016-09-22
賞与でみえる中小と大手企業の格差2016-08-18
融資の申込みでやっては駄目なこと2016-04-15
お財布寂しいけど今年の9月の連休は旅行?2015-08-31
トップブランドの地位を維持するために2015-07-06
社会人二年目からの住民税には要注意!?2015-04-06
株式会社アローの春のキャンペーン2015-03-30
モビットの申込みで活用したい便利なコレ…2015-02-03
キャッシング大手の金利ゼロは知らないと損!?2015-01-07


2011-07-16

信用情報って身近なもの

普段の買い物、公共料金の支払い、困った時のキャッシングなど、 今や銀行に口座がないと普段の生活に困る状況が必ず発生します。

便利に使えるクレジットカードはもちろん基本、自分名義の口座がないと話になりません。 一方で各種ローンを利用する上での大きな問題点は自分のカードの利用状況や、 ローンの残高を正確に把握する事が意外と難しい点です。

実は有料(1000円ぐらい)にはなりますが、信用情報機関に自分自身の過去の履歴などを問い合わせ、 その結果をもらう事が可能なのです。 普段身近なローンやキャッシングのことですので決して他人事ではありません。

自分の信用情報を取得する

個人の情報などで意外とガードが堅いですが、 自分の「信用情報」という事をしっかりと記録してくれている専門の期間があるのです。 色々と統廃合などや変化があるのでざっくりと記載いたしますが以下の三つが代表的な個人信用情報機関です。

CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)。

しかも、現在のキャッシングなどがかなりのスピードで審査を行い、 融資の可否を判断していることから分かる通り、 2006年から議論が進められた貸金業法及び割賦販売法の改正・施行(2010年)に伴い、 国(経済産業省)の認定を受ける指定信用情報機関制度の設置と、 ノンバンクの借入残高についてほぼリアルタイム(2日以内)に更新されるように改善されているとの事なのです。

信用情報を取得する人の事情

自分の信用情報を取得するのにお金が必要なので頻繁に利用はできませんが、 それでも意外と利用者が多いとの事なのです。

一番信用情報で問い合わせが多い状況の人は、 例えば住宅ローンを申し込んで審査が通らなかった人などだそうです。 本人も忘れている様な過去の借り入れに関する事故記録などもしっかりと記録されているのです。

ローンの利用は計画的かつ慎重に、という言葉がありますが、これは鉄則であり最低限できていなければならない事です。 普段の買い物、公共料金の支払い、困った時のキャッシングなど、 冒頭で記載した通り今の生活でクレジットカードが手放せなくなってしまっている人も多いのではないかと思います。

当たり前の事ですが、キャッシングも含めてローンの利用は返済の事まで考えて利用することが鉄則です。 しかも、場当たり的に利用するのではなく、 しっかりと計画性をもって利用することが長い目で見た付き合いの中では大切です。

「自分は信用情報などには関係がない」と思っている人も、実際に閲覧してみるなりしてみると、 あるいはそういった信用情報機関について色々と調べてみると意外と面白いかもしれません。

キャッシング業界関連ニュース 過去のコンテンツ

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」


スポンサードリンク