top画像左
top右

目的別キャッシングの種類

初めてのキャッシングは融資先が安心できる業者かどうか確認する事が重要です。安心にキャッシングを利用するには融資先のことを見分ける知識が必要です。

金融機関別のキャッシング


銀行系フォト 金利と安心感を優先するならばまず一番先に検討したいのが銀行系キャッシングサービスです。 安心の理由と賢く利用する方法とは?

銀行系キャッシング

消費者金融系フォト 大手消費者金融業者などは安心できる状況です。 審査時間が短くすぐに融資を受けたい場合は選択肢の一つに考えても問題ないでしょう。

消費者金融系キャッシング


信販系フォト 債務のおまとめ・キャッシングの借り換えなど希望の方も低金利で利用しやすく利点も多いです。 ポイントなども付く事もあり賢く利用すればメリットも多いです。

信販系キャッシング

学生女性向けキャッシングフォト 女性・学生向けキャッシングの特徴と基本的な事柄などを解説しています。 それぞれの利点と注意点を把握して賢く利用する方法とは?

女性向けキャッシング
学生向けキャッシング


スポンサードリンク

キャッシングには種類がある事を確認

キャッシング種類 キャッシングはどこで借りても同じではありません。

融資までの時間の短さで選ぶのか、 融資条件の金利で選ぶのか、などによっても選択肢は違ってきます。 基本は、金利が安くて融資までの時間が短い大手から検討してみる事です。

キャッシングにはいろいろと種類があります。 キャッシングを事前に目的別などで調べてキャッシングの種類について知っておくと、 借り入れ時に有利な条件を見極めたり、必要以上に無駄な融資を受けたりする事が少なくなります。

一般的なキャッシングに関する種類は、 貸し出しする金融機関によってある程度傾向に特色がある場合が多いです。 ここではそれぞれ簡単に解説させて頂きます。

キャッシングとは?
個人の小口融資の事です。 事業の運転資金や開業資金などでまとまった金額の融資は、 基本的にはキャッシングとは呼ばないのが普通です。

キャッシングは、融資の目的や対象が個人を対象にしている場合を指します。 即日キャッシングや、 すばやい審査などのうたい文句で融資を募集しているキャッシングが一般的に一番多い種類のキャッシングです。

ただし、最近では改正貸金業法が施行され借入しにくくなる状況の人が増加傾向にあります。 グレーゾーン金利などの撤廃で、賢く利用すれば有利になった側面もあります。

簡略化された融資の手順と金利

キャッシングの限度額の多くはだいたい10万円位から100万円位に設定されていることが多く ATMでも店頭でも、最近ではインターネットでも手軽に審査ができるようになっています。 最近では利用者を逃がさないために、様々な便利な方法を採用して キャッシングの融資を利用してもらう事を目的としたサービスも多く出ています。

キャッシングの目的 目的を制限されないのがキャッシング

キャッシングの特徴は「借りたいときにすぐに融資を受ける事ができる。」 という事が最大の特徴です。

この手のキャッシングの場合には、保証人も不要ですし不動産担保も必要ありません。 しかも、旦那さんなどの収入がある主婦向けの女性キャッシングや、 アルバイトなどの収入の学生向けのキャッシングなどもできています。 ただし、 改正貸金業法の影響で主婦向けのキャッシングなどは審査が厳格化される傾向にあるという事は注意しておくべき点です。

キャッシング金利と最近の事例

キャッシングの目的

少し前まではキャッシングで適用される金利が、 15パーセントから最大29パーセントまでと金利には幅がありました。 最近ではグレーゾーン金利問題で貸金業者の金利は一律下がったのが現状です。

現在では、 出資法の上限金利を20.0%に改正した後のグレーゾーン金利は行政処分の対象となります。

これによってキャッシングなどを行なっている金融会社各社は、 改正前以上に貸し出しの審査の基準を厳しく行う場合が多くなっています。

グレーゾーン金利とは

利息制限法に定める上限金利を超え、 出資法に定める上限金利に満たない金利帯をグレーゾーン金利といいます。 簡単に説明しますと、利息制限法に反しているが、 出資法に定める上限金利には反していない金利の事です。

登録を受けた貸金業者であれば、要件を満たせばグレーゾーン金利による利息を受ける事が出来たのです。 しかし、 このみなし弁済による出資法に定める上限金利はすでに2010年6月に完全施行された改正貸金業法によって規制されています。 これは現在の消費者金融業界を再編させる要因となった過払い金の請求訴訟などの問題に関係してきます。

スポンサードリンク