top画像左
top右

20代に人気のキャッシング!?

20代の人達に人気のキャッシングは考え方や時代背景が大きく左右している?20代の人達に人気のキャッシングはお金に対する考え方や育ってきた時代によってかなり大きく変わってきているとも取れます。

20代は考え方もキャッシングの利用方法も傾向が違う?

ちょっと古い内容になりますが、2012年度は大卒の新入社員に平成生まれが入社するタイミングだったそうで、このことから「平成生まれ」の新社会人と「平成元年に入社した」社会人(40代)の意識のちがいについての調査を見つけました。

20代に人気のキャッシングは単にサービスが良いからではなく、実はその世代が育った背景から考え方が違ってきているからという事が見え隠れしているのです。

それぞれの世代の社会人に「仕事に求めること」、「希望する年収」という同じ質問しているのですが、回答の傾向が大きく違う点が面白いので参考にしていただきたいです。

平成元年入社の社会人(40代)

■仕事に求めること
1位「やりがいを感じられること」 (62%)
2位「高い給与がもらえること」(47%)


平成生まれの新社会人(20代)

■仕事に求めること
1位「やりがいを感じられること」 (58%)
2位「会社の人間関係が良好であること」(44%)
3位「人間的に成長できること」(32%)


平成元年入社の社会人(40代)

■希望年収
1位「1000万円」(41%)
2位「1500万円」(8%)
3位「800万円 」(8%)


平成生まれの新社会人(20代)

■希望年収
1位「〜400万円」(46%)
2位「500万円」(12%)
3位に「1000万円」(8%)

※数字は くらべる君の公式サイト(キャッシングコラム154)より引用させて頂いております。

バブルの影響が多少なりともあったと思われる平成元年入社の社会人はそれまでの「お金持ちになる」という淡い夢をなんとなく追いかけている傾向が見え隠れします。

それに対して平成生まれの社会人は現実的です。会社に求めることは年収よりも人間関係を重視し、希望する年収もいたって現実的ですよね。生まれてから不景気な世の中で、一部の業界、一部の会社だけに存在していた景気のよさというものを全く実感していないからかもしれません。

それだけに柔軟な生活力と高望みしない精神が養われていると判断することもできます。ただ、一方では向上心が薄い、ガッツがないなどの傾向が多く見られることも確かですが・・・。

20代の人達は賢く比べてサービスを利用している!?

▽「20代に人気のキャッシング」は簡易審査で今すぐチェック▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

生活費レベルに浸透した「借りて乗り切る」

これまではキャッシングに関する意識は「ちょっとした贅沢」、「ちょっとした浪費」、「交際費や旅行や趣味の為の費用」という傾向が強かったです。しかし、若い世代の人達がキャッシングやフリーローンを利用する割合が増加するに連れて傾向が変わってきています。

最近では「生活費」のために借りる人が急増していると言われています。

確かにキャッシングやフリーローンのサービスは大手などの会社を見れば便利でお財布代わりに使える利便性も十分にあります。一度申込めば何かと便利で、ちょっとしたピンチの際にはすぐに利用できるという点が大きな需要となっているのでしょう。

まぁ、「20代に人気のキャッシング」は当然他の世代の人達にも人気のサービスであることに変わりはありません。大手の消費者金融などはどこも色々なサービスを用意していますからね。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク