top画像左
top右

お金を借りる先も比較しないとね…という話

給料が上がらずボーナスも期待できない状態の増税で主婦の人たちのやり繰りは負担が増しているでしょう。増税による影響とデフレ下での給料の状況では賢く借りてやりくり上手になる事が一つの選択肢?

デフレで一番の問題は給料が上がらない事

「物価が下がる」という状況はお店などで購入する商品の価格などが下がっていくことですよね。それって庶民的な感覚からすると「旦那のお給料上がらないから助かるわ・・・」なんて感じになりますが、実は違う側面もあるのです。

モノの値段を上げられないから、その商品を作っている会社はどうしてもコストを削減して生産をする必要があります。原材料費や加工代、運搬費などです。徹底的にコストダウンに努めて限界がくると人件費に目が行くのです。

最終に店頭に並ぶ価格が変えられないから「給料は据え置き、賞与は見合わせる」という事になります。そうなると働いている社員の人達の収入は現状維持か、下手をすると減ってしまいますよね。

「冬のボーナスも期待できないし、車も買い替えずにしばらく我慢するか・・・」

という思考になるのです。あくまで一例として自動車を例にとりましたが、これはほぼ全ての商品やサービスで同じことが言えます。つまり、モノを作っている会社などの社員も普段は一般の消費者なのです。

今、フリーローンやキャッシングで「一時的な現金のやりくり」という需要が急増しているのもこういった事が一因として言えるでしょう。デフレの状況では節約が優先され、必然的に優先度が低いモノやサービスは買い控えられる傾向にあるのです。

一方で給料は上がってもお財布はピンチの実状も確認できます。というか、給料が上がらない人はもっとピンチになる頻度が高いかも知れませんが・・・。

4月の消費税増税で税金の負担は増していますし、ガソリン代、電気やガスなどの光熱費、住民税や国民年金保険料なども値上がりしています。子供さんをお持ちのご家庭なら教育費なども高いですよね。

その他、タバコ、バターと チーズなどの乳製品、やチョコレート、なども値上がりしています。値上がりしていない品目でも「内容量が減って価格は据え置き」なんて裏技が存在したりします。

気付かない内にお菓子の袋の中身が少なくなって販売されているなんて事もありえるのです。まぁ、身の回りの出費が増えればそれだけ生活費が足りなる事も多くなります。

「毎月カツカツで生活して賞与で不足分をカバー」という人もいますし、「次の給料日までキャッシングでお金を借りてもたせる」という人も増えているようです。

遠のく結婚と安定した生活(厳しい現実)

すでに結婚して子供さんをお持ちの人なら理解できますが教育費はかなりの負担になりますよね。 予備校だって学校運営に乗り出す時代ですよ。少なくなった子供さんたちを呼び込む為に必死です。

その分、競争力が衰えた所は没落する事になります。某大手有名予備校も全国各地にある教室の多くを閉鎖するという話は、まさにこの内容の象徴と言えるかも知れません。(関係者の方々は大変でしょうけれども・・・。)

一方で、学生数が減少して浪人生の数も少なくなっているということは、塾や予備校などはそれだけ数少ない子供達から月謝や受講料を頂戴することになります。つまり、塾や予備校などの月謝は安くなる事はないのです。

主婦の人のキャッシングやフリーローンの利用目的の上位には「生活費を補う為」という項目がランクインしているのはこういったことも一因でしょう。何しろ自分自身も働いて家計の足しにしても足らず、旦那さんの収入も据え置きか減少となれば主婦の人も大変です。

「ヤバイ、現金が足りない。」
「手持ちがないけど下ろすお金もない。」

となると、お給料が入るまでつなぎのお金を都合する必要があるのです。その為にスピーディーに借りれるキャッシングやフリーローンが利用されるのです。

でもよく考えてください。いくら時間がなくても出来れば有利な条件でお金を借りた方が良いに決まっていますよね。手早くキャンペーン(無利子期間など)を行っている会社を探したり、自分にぴったり合う条件のキャッシングを選ぶには「無料の比較情報サービス」などを利用するとベターです。

利用は無料ですし、自分に最適な条件の消費者金融や銀行系のフリーローンなどを直ぐに見つける事が可能です。仮審査で融資可能かどうかの目安を知るだけなら24時間365日すぐにできます。

普段は節約に慣れている人も「お金を借りる際にはより最適な条件で」という意識を持って行動したいものです。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク