top画像左
top右

仮審査のサービスを利用してみる選択肢

キャッシングやローンの申込で審査について不安がある人のためのコンテンツです。キャッシングの申込の際に審査に不安要素がある人も、もちろんない人もちょっと便利な情報を紹介しています。

目安があればちょっとは安心?

キャッシングやローンの審査に落ちたらショックですよね。「自分は絶対大丈夫!」と思っている人ほどショックは大きく、不安にもなります。それ以上に予定があって申込をするわけですから借りられないとなると予定も狂ってしまって困ることもあるかもしれません。

すでに複数の会社のキャッシングやローンを利用している最中などであれば「しょうがない」と気持ちの切り替えができるでしょうが、そうでない場合は結構焦ります。「審査に落ちてしまう心当たりがないのに」という人は色々なことが頭をよぎったりするかもしれません。

「今まで延滞していないのに・・・」
「どこからも借りてないのに・・・」
「一定の収入もあるし・・・」
「まさか ブラックリストに載ってたりして」

などといろいろ想像してしまいます。特にあまりキャッシングやローンを利用したことがない人などは「普通それはない」という事まで考えてしまうこともありえるかもしれません。

上の例で言うと「ブラックリスト」などはキャッシングやローンを利用していて普通に返済していれば該当することはありえません。ただ、お金を借りる際には知っておいて損はない知識というものも存在することも事実です。

とはいってもやっぱり申込をする場合には少しでも不安を無くしておきたいという場合には匿名で仮審査をしてみるという手段もあります。無料で仮審査や自分に合った業者などを提案してくれるサービスがあります。

このサービスを匿名で最低限の情報入力で利用可能ですが、きちんとあなたの情報を入力しておけば、仮審査後の申込時に「アナタの住所や名前などの情報」を再び入力する手間が省けます。

つまり、

「くらべる君の利用時にあなたの情報を入力」
→「仮審査や自分にあったサービスを探す」
→「そのまま最適と思える会社に申込」

という流れで面倒なく申込手続きが可能となります。一度あなたの情報を入力してしまえば、キャッシングやフリーローンの申込先で再び同じ事を入力する手間が省けます。これって意外と便利ですよ。

▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

匿名簡易審査 条件比較サイトなら!

「どこが一番有利かな?」という条件も瞬時に比較可能
「ココのサービス審査通るかな?」という簡易審査も匿名で可能

信用情報についての基礎的な知識

キャッシングやローンなどお金を借りるときに大切なのが、信用情報というものです。この信用情報の内容は大きく2つに分けられます。

1つが「属性情報」と いわれるもので、氏名、生年月日、勤務先、年収といった個人にまつわるものです。もう1つが「支払情報」で、キャッシングやローンの利用情報です。

信用情報を扱う機関は、主に3つあります。
●CIC →消費者金融、クレジットカード会社、信販会社など
●JICC →消費者金融、クレジットカード会社、保証会社など
●全国銀行個人信用情報センター →銀行、信金、農協など

上記の3つの信用情報機関は、支払いの延滞情報などを共有しています。

キャッシングやローンの審査が通らなかったことに納得できなかったときは、 自分の信用情報を確認するのもひとつの方法です。それぞれの情報機関のホームページに申し込み方法が記載されているので、それに従って情報開示の請求をしてみましょう。

ただ、冒頭でも記載したとおり複数社のキャッシングを目一杯利用していたり、過去の支払いに問題がなかったりする場合には審査で問題になることはあまりありません。

一定の収入があって常識的な生活を送っていれば審査で問題になるって意外とないのです。キャッシングやフリーローンをはじめて申込む人の多くが「審査などは意外とあっけなく通った」という感想を言われるのはこのためです。

まぁ、それでも心配であれば、あるいは不安要素があるという場合には仮審査サービスを利用するといいかもしれませんね。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク