top画像左
top右

残業代ゼロもしくはカットで給料激減は困る!?

残業代がカットされたりゼロになった場合にはその分給料も減りますのでお金の面の問題が発生します。残業代がカットされたりゼロになった場合でも慌てずお金の問題をやりくりするヒントや情報を記載しています。

労働時間に対してきちんと賃金が支払われるのは当たり前?

労働時間は原則1日8時間、週40時間と定められていて、 超えた場合は残業代の支払いが義務付けられています。こんな話は社会人として働き出すと嫌でも意識することです。誰しも無償で奉仕しているわけではないのです。

正社員として働いていても超過分の労働時間には残業代が支払われるのは通常当たり前の話なのです。(零細企業や中小企業では微妙なことになりますが・・・)

「ウチの会社はどうのこうの・・・」

残業代の話になると必ず自分自身が働いている会社の状況を愚痴ってしまうケースが自然です。

人手が少なく仕事が多く通常業務の時間内で業務が終わらない状況の人もいらっしゃるでしょう。そういった場合でも働いている業界、業種、職種、会社の規模によって「残業代」に対する状況が違います。

仕事量が多くて毎日残業ばかり

という状況でも、働いた分だけ残業代が支払われるのは恵まれすぎています。残業代というのは通常の業務の時間よりも割り増しで賃金が支払われます。だからまとまった時間になればそれなりのお給料アップになるからです。

毎日残業しているけれども残業代はほとんどもらえない

こういったケースも実際にはあるのです。残業代を支払わない理由は何でも良いのです。要するに従業員に余計な給料を支払いたくないという悪徳な会社も存在します。世間一般的には「ブラック企業」ともいいます。

労働を「時間」ではなく「成果」で判断するという理屈や形ばかりの管理職という体裁を作る方法などもありました。結局は労働時間を制約しない反面、残業代も支払わないという考え方ですね。

しかし、事情があって残業時間がそのまま残業代にならない場合もあります。

例えば典型的な例として多いのは会社の規模が小さかったり、儲けが少ない零細企業だったりする場合です。表向きのお話として、法令順守というのはもっともなことですが実際にそれを守ると会社の経営が破綻してしまうというケースもあるのです。

▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

匿名簡易審査 条件比較サイトなら!

「どこが一番有利かな?」という条件も瞬時に比較可能
「ココのサービス審査通るかな?」という簡易審査も匿名で可能

困るのは途中で方針が変わったりすることかも?

残業代は一時的な給料の増減です。毎月40時間きっちり残業する、 あるいはできるというケースは稀のこともあります。つまり、ある程度の幅で減ったり増えたりするのです。

そうなると別の問題もでてきます。残業代ゼロ、もしくはカットとなって出てくる問題はお金の面です。実際に毎月のようにもらえていた残業手当がなくなると非常に困るという人も多いのではないでしょうか。

困る前に、余裕のある内に借りれる先を確保しておくのもひとつの方法です。

業界によっては残業すらない期間があるとか、残業がかなりカットされる期間が存在するという場合もあります。そんな時に出費が重なると結構きついということもあります。

特に長期休暇前や連休前などは余裕のある行動という意識を持っておくに越したことはありません。慌てる前にゆとりの気持ちで比べておきたいですね。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク