top画像左
top右

パート勤めの人は最新の税金情報に注意

パート勤めの主婦の人が申込みする場合に簡単に比較できる情報やヒントなどを紹介しています。パート勤めで働く主婦の人がキャッシングやカードローンに申込みを考える場合に便利に使える情報などを紹介!

アナタが注意しているのは103万?130万?

現在、パート勤めで働いて旦那さんの給料のほかに収入のある主婦の人も多いでしょう。 たくさん働いて収入が増えれば家計の足しになることは間違いありませんが、 一方で収入の年額に注意する必要もあります。

いまさら細かくは解説する必要も無いでしょう。多くの主婦は計算しながらパート勤めをしているからです。

実際にはパート勤めの主婦が計算している自身の収入額は「年収103万円」と「年収130万円」です。

ただ、注意したいのは税制というのは変化します。 「これまで正しいこと」が「これからもずっと正しいこと」とは限らないのですね。 だから、そういった情報には他人事のように聞き逃さないように注意する必要があります。

今現在(2015年時点では)、年収103万未満だと、税制において所得がゼロとみなされます。 そうなると夫の配偶者控除が適用されるため夫の税金が軽減されます。

で、「年収130万円」を超えると社会保険料を支払う必要が発生します。 つまり、この場合には、夫の社会保険の扶養からはずれて自分で保険料を支払わなくてはならないということになってしまいます。

せっかく収入を増やしても手取りの段階で色々と引かれてしまうのでは意味がなくなるというものです。 実際に130万円以上働くのであれば200万円以上の年額の収入をパートで働くぐらいの覚悟がなければ、世帯全体の収入は増えることはありません。

「中途半端に働くのは損」

多くのパート勤めの主婦の人が注意している年額に関する意識は間違ってはいないのです。どうしても世帯の収入を増やす必要があるのであれば、思いっきり頑張って働かないと駄目なんですね。

とはいっても、小さいお子さんや年配の方がいる家庭では主婦の人がパート勤めで働ける時間を確保することは難しい傾向があります。だから、多くの主婦の人は計算しながら年額の収入のボーダーラインを超えないように注意して働いている現実があるのです。

「年収130万円を超えて働いたら損」

という意識は正しいのです。社会保険が発生すると、おおよそ1割程度が引かれるため、 手取り金額が大きく減ってしまいます。しかも所得税などの支払いも出てきますので200万円以上収入を得るぐらい働かないと世帯の収入の大きなプラスにはならないのです。

パート勤めの主婦の方の収入は立派な実績

キャッシングなどの申込みでは「パート勤め」であれば自身の収入と判断されます。もちろん収入の額によっても判断や認識が違ってくるケースがありますが、50万円以下の小口の融資なら問題なく審査が通ることが多いです。

大手の消費者金融などでもパートで一定の収入がある主婦の人は自分自身の判断で申込みが可能になります。つまり、旦那さんには内緒でちょこっと自由になる融資を受けられるのです。

ただ、まぁ、パート勤めであればそれほど大きな収入を得ているというケースはあまり無いでしょう。その分、融資してもらえる枠は少なくなりますが、それでも身の丈にあった分だけなので逆に安全ですよね。

使いすぎて困っちゃった。どうしよう。

ということにもなりにくいでしょう。日常生活を送っていると「どうしてこんなに入用が続くの!」というくらいに立て続けにお金が必要になってくる時期って必ず出くわします。

嘘みたいな話が次から次へと・・・ということも多いものなのですね。

そういった場合にもパート勤めで収入があれば、自分自身の判断でちょっとのピンチをなんとか借りて乗り切るという選択肢を作れます。つまり、カードローンやキャッシングなどに申込みをするということです。

初めてキャッシングやカードローンを申込む際には無料で使える比較サイトの情報などを参考にしてみましょう。

くらべる君というサービスを使えば簡単に色々な申込み先を比較することができますよ。

匿名簡易審査 条件比較サイトなら!

「どこが一番有利かな?」という条件も瞬時に比較可能
「ココのサービス審査通るかな?」という簡易審査も匿名で可能

▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク