top画像左
top右

銀行のカードローンも賢くくらべて!

銀行のカードローンを利用する際に知っておきたい利点とデメリットなどを簡単に紹介しています。銀行のカードローンを利用する際に利点を確認して賢くくらべられる方法なども紹介しています。

色々あっても自分に最適なサービスを比べて

いままでは少し敷居が高かった銀行カードローンですが、 いまでは誰もが手軽に利用できるイメージが定着しつつあります。銀行カードローンの利点が多くの人に知られるようになっている点が理由のひとつです。

銀行のカードローンには総量規制の対象外であることや融資限度額が高めであるという利点があります。 さらに、なんといっても金利が低めに設定されていることが魅力です。

しかし、これだけ多くのカードローンやキャッシングサービスが存在すると申込み先が消費者金融なのか銀行なのか正確に把握していない人もいらっしゃるでしょう。

もちろん銀行カードローンにもデメリットがあります。

一般的なお話ですが、消費者金融会社に比べて審査に時間がかかる傾向があることと、金利などの条件が有利である反面、審査が厳し目であることなどです。

そういった難点をカバーすべくサービスを強化している場合もありますがごくごく一部です。実際には即日融資ができないケースも普通にあります。また、申し込み先の銀行口座が必要な場合も多く、銀行口座を開設するところから始めなければいけないので結構な日数がかかることも認識しておかなければならないです。

だから、切羽詰ってお財布のピンチを乗り切る場合には選択しづらいサービスであるともいえます。

銀行のカードローンの利用者が増える理由

銀行カードローンは総量規制の対象外になっているという点が利用者を増加させる大きな理由のひとつです。総量規制の対象外ということは所得の三分の一以上の借り入れであっても問題なく借りられるということです。

ただ、収入に見合った借り入れを考えるならば所得の三割以上の借り入れを申込むことは今一度考える必要がありますが・・・。収入に応じた借り入れを行うことが健全なお金の管理に繋がることは言うまでもありません。

また、総量規制では、借入上限が年収の3分の1であることのほか、本人の収入を原則としています。それ以上となると配偶者の同意書や収入証明書、婚姻関係を示す書類といったものを提出する必要が出てくるために旦那さんに内緒でとか、あるいは奥さんに内緒で、という場合には難しいことも出てきます。

とはいっても、専業主婦の方や専業で家事や育児をされている夫の方でも銀行のカードローンの場合でも融資を受けやすい傾向にあることは見逃せないです。

申し込みから契約までwebで完結できたり、コンビニATMを利用できたりするサービスも出ています。大きな銀行だけでなく地銀などでも続々とカードローンのサービスをはじめていますからね。

なんといっても申し込み先が銀行そのものという点も絶大な安心感と信頼感があることは事実です。

銀行のカードローンの比較などでも無料の比較サイトを利用すると便利です。もちろん匿名の仮審査も無料で行えます。ちょっと時間的に余裕のある人や切羽詰ってないけれどもできる限り自分に合った有利なサービスを利用したいという人は覗いてみてください。

匿名簡易審査 条件比較サイトなら!

「どこが一番有利かな?」という条件も瞬時に比較可能
「ココのサービス審査通るかな?」という簡易審査も匿名で可能

▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク