top画像左
top右

返済日に間に合わない場合にはどうする?

キャッシングやカードローン利用時にありえる返済に間に合わない場合の対処方法などを紹介しています。返済日に間に合わない場合に知っておきたい知識や対処方法などを確認しておきましょう。

「返済日に間に合わない」を防ぐために

堅実で確実安全なキャッシングやカードローンの利用時の鉄則は実はそんなに多くありません。むしろたったひとつのことを守れば大丈夫なのです。

「必要な時に素早く借りてすぐに返済する」

これに尽きるのです。

つまり、すぐに返済できないような借り入れはしないことはもちろんのこと、お金の使い道は計画的に行うことが基本です。当たり前のお話ですが「ついつい」使いすぎてしまうこともあるのも事実です。

キャッシングやカードローンと長く上手に付き合っている人でも「ちょっと今月は使いすぎたかも・・・」というケースは一度や二度は経験しているはずです。

自分自身の収入で用立てした現金なら多少使い過ぎても次のお給料日まで我慢すれば乗り切れることが多いです。しかし、一方で借りたお金を使いすぎた場合には結構深刻ですよね。なぜならば返済日は必ずやってくるからです。

そんな時に知っておきたいのが、返済に間に合わなかった場合の備えや対処方法です。


やば!お金が足りない!?支払いが間に合いそうにないかもというときは?

実際に返済に間に合わなかった時にはどうすればよいのか知っておけば大きな問題になることも防げて不安に思いながら過ごすことも少なくなります。

まず返済日に間に合わないことを防ぐ対処法方法です。

基本的には借り入れする場合に返済日を必ず確認しておくことです。返済日を間違えないためにも返済日を確認しておくことは必須です。

忘れっぽい人や普段から忙しい毎日を過ごしている人はメールアドレスを登録しておくと、事前に毎月返済日と返済金額が送られてくるメールサービスもあります。

大手のプロミスはwebサイトにログインするだけでポイントがもらえるというサービスなども行っています。要は「借りている」という意識自体を忘れないことが重要であるということです。

他に、返済が間に合わないことを避ける基本的な手段としては、返済を振り込みではなく口座引き落としにしておく方法です。つまり返済方法を口座振替にしておくことで「ついうっかり」ということを防ぐ方法です。

特に給料の振込みで普段利用している口座を振替口座に指定しておけば安心です。残高不足で引き落とし出来ないことも少なくなりますし、わざわざ引き落としに備えてお金を入金するなどの手間もなくなります。

ここで紹介した考え方やヒントは「支払うお金はあるのに忘れていまっていて返済に間に合わない」ということを防ぐ方法です。

では次に「支払うお金が足りなくて返済に間に合わない」場合はどうすればいいのでしょうか?

まさかの事態に備えて知っておきたいポイント

まずは借り入れを行っている先に連絡をしましょう。大手ならば電話の窓口のオペレーターさんでもいいです。必ず問題が大きくならない方法は存在します。

一番やっちゃいけないことは放置することです。

とにかく すぐに相談することが重要です。

「具体的にいつまでに払えるのか」
「返済日にどのくらいの金額が返済可能か」

などの事前準備はしておきたいです。他社からの借り入れも重なったりしている状況などがある場合には一本化や追加の借り入れ、つまり限度額の引き上げなどの相談にも応じてくれる場合があります。

返済が間に合わないことはいけないことですが、相談もせずに放置しておくことは絶対にダメなのです。

放置して滞納することは貸した側へに対する一番やってはいけないことなのです。まずは連絡して相談してできる限りのことをする意思を見せる姿勢が大切なのです。

↓返済条件もくまなくチェック!簡易審査はこちら↓
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク