top画像左
top右

意外な出費?結婚式に招待された場合の費用

結婚式に呼ばれた場合の出費の平均額を知っていますか?結婚式に呼ばれた場合の出費の平均を見るとゲストとして招待されることが重なったときの費用のやりくり方法などを知っておいた方がいいと思うはずです。

いくらかかる?呼ばれた時の費用

結婚シーズンという時期が一年の中には存在しますが、そこまで考えて式を行う人は意外と少ないでしょう。

結婚式シーズンは固まったりする場合が多いです。

なぜなら、例えば会社などでは同世代、同期などのひとりが結婚すると「俺もそろそろ」とか、「私もやっぱり」みたいな感じで後押しされたりするからです。

実際に式に呼ばれて幸せそうな二人を見ていると刺激されないというひとはいないでしょう。

だから、結婚式を挙げる世代が多い場合にはひとつに時期に集中したりすることが多いんですね。それこそ一年に4回も5回も部下の結婚式に出席しなければならない上司もいたりします。

おめでたいことなので続いても全く問題ないのですが、一方で、ゲストとして招待された際、1回の結婚式にかかる費用を考えるとのんびり構えてはいられないです。


イザって時に備えるカードローン特集はこちら

「どこが一番有利かな?」という条件も瞬時に比較可能
短時間で手早く簡易審査も匿名で可能

▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

結婚式に一回呼ばれたときの平均費用

ご祝儀は仲の良い友人宛で「3万円」が相場。部下に対しては「5万円」が相場です。2次会参加の場合はさらに5千円から1万円程度かかります。

これだけでもかなりまとまった出費になります。

また、仕度代や交通費、時間的なスケジュール調整なども考えると結構大きな負担です。さらに女性の場合、着付け代や美容代で1万円以上かかる場合も考える必要があります。

1度に5万円前後かかる結婚式に何度も呼ばれるとそれだけで大きな出費です。

そういった場合には2次会だけ参加するということも考えましょう。

遠方に住んでいたり、何年もあっていない間柄であったりする場合には涙をのんで欠席させてもらうことも検討したいです。

女性の場合には衣装をレンタルにしたりして費用を節約することもひとつの方法です。最近ではネットで申し込めるレンタルがたくさんありますし、質のいい衣装や小物を低価格で借りられます。

どうしても列席したい大切な結婚式や出席しなければならない式なら無理に欠席をして関係をギクシャクさせることは考えず、足りない分をキャッシングするのも一つの手です。

臨機応変に対応して出費を気にせず楽しめる状況を作りたいですよね。


特典や還元の多いクレカも入会だけで特典があるクレカを比べる

「どこが一番有利かな?」という条件も瞬時に比較可能
短時間で手早く簡易審査も匿名で可能

▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク