top画像左
top右

キャッシュカードが手元にない時どうする?

キャッシュカードとは別にネットバンクのカードローンを申込んでおくメリットを解説しています。深夜などではキャッシュカードを使ってATMでお金をおろすよりネットバンクのカードローンを利用するほうが手数料が安かったりします。

見直したいネットバンクのカードローン

自分の口座には使えるお金があるけれどもその時の状況や事情でどうにもならないことに遭遇する可能性もあります。

例えば、財布を複数使っている人などはキャッシュカードを家に忘れてきてしまったとか、キャッシュカードを紛失したり破損してしまったということも考えられます。

そういった時の為に、1枚は持っておきたいのがカードローンです。

ネットバンクといえば、楽天銀行や住信SBIネットバンクやジャパンネット銀行などがあります。 いずれも割りと手軽に口座も作れます。(もちろん無料です。)

あると便利なのがネットバンクの口座なのでちょっと時間に余裕のあるときに申込んでおいて、 カードローンも一緒に使えるようにしておくと便利でしょう。


提携ATM手数料0円のネットバンクのカードローン

いま密かに脚光を浴びているのがネットバンクのカードローンです。

ネットバンク自体は昔から存在します。

通販でモノを購入することが多い人などは重宝します。 条件を満たせば振込み手数料も月数回まで無料などのサービスもあります。いくつかのネットバンクを使い分けると便利です。

●●銀行のネットバンクはクレジットカードの支払い専用口座にして、買い物をしたときにその分だけを入金しておく、という使い方もできます。

もちろん振込手数料が発生しないように様々な条件を満たしておくなどの工夫も必要ですが。

こういった使い方以外にもネットバンクのお得な利用方法はあります。

例えば、コンビニATMで夜間にキャッシュカードを利用するよりもネットバンクのカードローンのほうが断然おトクだったりします。

ネットバンクのカードローンは、提携ATM手数料が0円で利用できるところもあるのです。

1週間程度の借入なら、夜間コンビニでお金をおろすATM手数料よりも利息も少なくお得に利用できることもすくなくないので上手に利用したいです。


▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク