top画像左
top右

「総量規制」を知らないと審査落ちになるかも

キャッシングやカードローンでは収入証明書が不要で免許証だけで借りれる申込み先もあります。収入証明書の提出が引っかかる人は申込み時に免許証だけで他の書類は不要のサービスを選んで申込みする方法もあります。

少しの理解で審査が通ってたという後悔をしないために

ご存知でしょうか?審査落ちの理由に多いのが「総量規制」の範囲を超えた金額の申込みです。

「総量規制」は多重債務や自己破産などを抑止するために決められた規制です。ざっくりいうとキャッシングでの借入れは年収の三分の一までなのです。

消費者金融等の貸付業務を行う企業は「貸金業法」という法律の下にその業務を行っています。

貸金業法の下、業務を行う消費者金融では原則、個人への貸付は年収の1/3までに定められています。ゆえにキャッシングは総量規制の対象になりますがカードローンは対象外になります。

もちろん、住宅ローンやマイカーローンなどの利用は総量規制の対象外です。

ポイントとしては消費者金融のサービスに申込む場合には年収の1/3という部分に注意して借入の申込みを行うことです。


「借りられるから良かった!」は安易な考え

前述したとおり総量規制対象外の借入れも存在します。

その代表的なものが「銀行カードローン」です。

銀行のカードローンは銀行法の下に貸付を行うローンとなりますので総量規制の対象にはなりません。つまり。年収の三分の一以上の借入れも実質可能と言えます。

その他おまとめローンも総量規制の対象外となります。

おまとめローン等は完済に向けた債務の見直しに利用されます。債務者にとって有利になる借入の場合は例外として借入ができることとなっています。

おまとめローンは上手に利用すれば月々の返済額が軽くなり収支バランスが改善されることあります。

しかし、銀行でも消費者金融であっても、貸付審査の際にはその申込者の借入状況を信用情報機関で照合します。

既に他社で年収の1/3の借り入れがあったり、申込金額に対して年収額が不釣合いな場合には審査落ちする可能性は高くなります。

それに「借りられたら何でも良い!」というのでは駄目です。

キャッシングにしてもカードローンにしても返済の義務はあります。収入に合わない借入れは日常生活をおかしくしてしまう大きな要因にもなりかねません。

この点は注意したいです。


▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク