top画像左
top右

限度額がもう少し高いと助かるという時に

キャッシングやカードローン利用時の限度額の増額に関するヒントなどを紹介しています。キャッシングやカードローンを利用してみようと考えている人も限度額の増額に関する情報を知っておいて損はないですよ。

「もっと限度額を上げたい!」と思う場合は参考に

増額・借入限度額アップのために意識的に実践すると希望に沿って対応してもらえる可能性が高くなることもあります。

飲み会や結婚式などが続く場合などでカードローンやクレカのキャッシング枠を上手に利用している人も多いでしょう。

でも、「もう少しキャッシングの限度額が高ければいいのに!」という状況になることを経験した人も多いはずです。

限度額のアップを対応してもらえるような行動に関するヒントを記載しています。

カードローンやクレカのキャッシング枠は総量規制などで借入限度額が設定されています。限度額の上限は10万円や50万円といったように個別に決められています。

でも、「増額」というシステムでキャッシング枠を増やすことは可能です。

意図的に増額を意識しなくてもちょくちょく使っては返している人などは限度額が増額されることもあります。

つまり「増額」を可能にする一番重要な点は正しく期日を守って返済している実績なのです。

貸して側から言うと「信用できるお客さん」ということです。

返済期限を守って返済してくれる優良顧客という認識を消費者金融側に持ってもらえば限度額の増額も可能になるのです。

ただ他社の借入状況などで収支のバランスが取れていない場合は難しくなるということも知っておいたほうが良いでしょう。


「もっと限度額を上げたい!」と思う場合のまとめ

正しく借りてきちんと返済するという実績が一番重要です。

もちろん限度額を増額してもらう以前に借入れが多い傾向にある場合はそれだけ支払額も多いはずですので収支のバランスを見直して行動したいです。

増額の際、一般的には信用情報機関へ照会がかけられます。

他社からの借入が存在する場合には、他社を含む借入の全体額が総量規制を超えてしまうような状況ならばまず限度額を増やすことは出来ないと考えるべきです。

ありがちなのは「借りたお金で返済を実行する」という状況に陥っていると判断されることです。

これは自転車操業とも呼ばれ「他社への返済を自社の借入で補てんしようとしている」と判断されれば増額は極めて難しくなってくるでしょう。

限度額の増額は上手に活用している人にとってはさらに利便性が増す可能性も高くなりますが、それだけリスクも高くなるということも忘れないようにしたいです。


▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク