top画像左
top右

借りる前にもう一度考えること

借りてまで使うことについてもう一度よく考える必要がある人の傾向などを記載しています。キャッシングやカードローンの利用に慣れてしまっている人も借りてまで使うことについて一度よく考えてみる機会があってもよいでしょう。

借りてまで使う場合に絶対に熟慮したい人の傾向

多重債務になる人や、多重債務状態なってしまう傾向の人はキャッシングやカードローンの利用の前にもう一度だけ次のことを再確認してみましょう。

あなたは大丈夫でしょうか?


こんな人は借りてまで使うのはNGの場合が多い

ギャンブルや賭け事が大好き
買い物でストレスを発散
飲食店(食べ歩きなど)が好き
儲け話になると飛びつく
金銭感覚の管理が甘い
付き合いが広くて多い

もちろんこれらの項目はそれなりの収入がある人は月ごとに

最近では色々な金融機関がこぞってキャッシングやカードローンの貸し出しを行っています。

真っ当な貸出先からの融資であればいいのですがヤミ金と呼ばれる違法な業者も手口は巧妙化しています。

借りるならちゃんとした業者であることの確認は大前提ですが、そもそも「その借りるお金」は本当に必要なことなのか?ということももう一度自問自答してみたいです。


家族や親類のことも考える

家族や親などに何度か肩代わりをしてもらっているなら「借りてまで使うこと」かどうかをもう一度考えましょう。

もちろん借りる先が健全でまっとうな企業であることは大前提です。あなたの返済能力に応じた融資に応じてくれるでしょう。

しかし、健全な借り先であっても借りた分に利息をつけて返済しなければならないです。

リボルビング払いで毎月の負担が少なくても利息や手数料の総額は結構な金額になることもあります。

過去に家族や親類に借金で迷惑をかけた経験がある人ならなおさらそういった借入れには慎重な考えを持って行動すべきです。

日本貸金業協会などのホームページでは「生活再建支援カウンセリング」などの相談窓口なども用意されています。

どうしても「ついつい収入以上に使ってしまう」というのであればこういった支援の為のカウンセリングも一度検討してみたいです。


▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク