top画像左
top右

転職する前にカードを作っておく考え方

転職する場合に一旦求職中になるならカードの申込みは検討しておいたほうが良いです。一旦完全に離職して転職する場合にカードの申込みをしておくという考え方の紹介とその理由を解説しています。

一旦休職中になるなら離職前にカードの申込み

転職する場合の選択肢は大きく分けて次の2通りあります。

1.次の転職先が決まって退職する
2.一旦退職して次を探す

もちろん上記以外にも自分で何か始める(自営業など)という選択肢もありますが、このご時勢ではなかなかそういった思い切りのよい行動は難しい状況です。

次の転職先がきまって退職する場合には会社員から会社員という社会的なステータスが保たれます。

しかし、一旦退職して少し間を空けて転職活動を行う場合にはちょっとした準備などをしておくとイザという時に役立つこともあります。

そのひとつが「退職前にクレジットカードなどを申込んでおく」ということです。

もちろん求職中の状態でキャッシングやショッピングをカードを行うのも慎重にしなければならないですが、つなぎ的という割り切りさえあれば便利に活用できます。


転職する前にカードを作っておく考え方のまとめ

冬のボーナスをもらってから転職しようと考えている人もいると思います。

転職予定者こそ、不測の事態に備えておく考え方も持っておきたいです。特に転職して間もない場合には給料が安定しなかったり、前職よりも少ない状態が続くこともあり得ます。

また、前職(今のお勤め先)で勤続年数もある程度あるならなおさらカードを作っておきたいですね。

キャッシングは勤続年数も審査の対象になります。一般的に勤続年数が長ければ信用度は高くなり有利になることもあります。

転職したばかりのタイミングでお金を借りようとしても、「勤続年数ヵ月」「勤続年数一年未満」だったりすると審査も苦戦する可能性もあります。

審査が通ったとしても、融資の限度額は低めに抑えられると考えたほうがいいでしょう。

ある程度の勤続年数があるうちに、契約しておくほうが安心です。

転職を考えている場合の人で一旦完全に退職してから再出発を!というひとは、キャッシングや銀行カードローンのカードは、いざというときの「保険」のために持っておくと安心です。


▽くらべる君で比較するならコチラ▽
無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」



上手にキャッシングをくらべるヒント

スポンサードリンク