top画像左
top右

無担保ローン利用者の女性の割合

プロミス発表の資料よりキャッシング利用者の女性の割合などを分析しています。プロミスの発表の資料からキャッシング利用者の女性の割合などの傾向を分析した結果を記載しています。

プロミス関連の資料



女性の社会進出と経済的自立

2012年6月発表のプロミスのデーターから

女性の社会進出が活発になるにつれて経済的に自立した女性が増加しています。 フルタイムの仕事を男性と同様にこなしてシングルで生活を続けている状況の人も多いです。 それでも一般的な傾向は、女性の方が年収が少ないです。

キャッシングを利用する人の女性の割合 同社発表のデーターによると「プロミス フリーキャッシング」または「プロミス レディースキャッシング」を利用する人の中で、女性の割合は右の図の様になっています。 (単位は千人) 2012/3 発表(一年間の統計)

限られた可処分所得で生活を行う関係上、 どうしても急な出費や余暇、趣味などの出費は手持ちのお金ではやりくりが難しい事が想像されます。

その結果、融資までの時間が短い個人の小口融資(キャッシングやカードローン)などを利用する傾向が増えつつあるのかもしれません。

そういった意味では、キャッシング業界にとっても女性顧客の増加は戦略的な営業活動の一つと言えそうです。


この資料から判断すると「プロミス」を利用する約4人に1人が女性である割合になります。 個人的には意外です。しかし、同社は当サイトでの紹介させて頂いている通り、 プロミスレディースキャッシング などを展開しています。

これは同社だけに限らず、 女性向けキャッシング のページをご覧いただくと分かる通り、各社ともに女性の顧客向けの営業活動やサービスの展開に力を入れている事が伺えます。

フリーローン利用の年齢層

次に「プロミス フリーキャッシング」または「プロミス レディースキャッシング」を利用する年齢層を確認してみたいと思います。

キャッシングを利用する年齢層の割合 顧客の年齢層では「新規顧客」では、29歳までの若い世代の方の利用が全体の4割を占めており一番多いです。

一方で、「全顧客」では30代の27.6%、次いで40代の24.6%となっている状況です。

20代の方のキャッシング利用目的と、30〜40代の利用目的は恐らく違ったものでしょうけれども、 時代的な経済情勢が背景にある統計結果になっている可能性があります。

つまり、 若い世代は年収が相対的に少なく近年で急速にキャッシングやカードローンの利用率が高まりつつある可能性があります。

それでもまだまだ、全体的な顧客の割合からは数字的には少ないと言える状況です。 一方で30〜40代で既婚男性ならば昨今の経済情勢から、おこずかいを減額され、 仕事の付き合いや趣味娯楽の際の費用に充てる為に「プロミス フリーキャッシング」または「プロミス レディースキャッシング」を利用している可能性もありそうです。

「プロミス フリーキャッシング」または「プロミス レディースキャッシング」は明確な返済プランを持って、 使用目的も賭け事や不毛な消費に使用しない程度に抑えながら利用する事が重要です。 当たり前の話ですが忘れないようにしたいです。

改正貸金業法の完全施行の影響で全体的な金利は下がっていますので、 上手に利用して豊かな生活を送りたいです。

スポンサードリンク