top画像左
top右

借金問題は誰に相談するのがベスト?

借金問題での悩みは親、兄弟、友人、知人には相談できません。借金問題での悩みの相談は家族や身内ではなく法律の専門家に相談することで解決する可能性が高まります。その為の正しい手順と相談方法とは?

借金問題で困っているなら視野に入れたい相談先

借金の返済に困っているのなら債務整理を依頼するのも1つの方法です。 それも自分自身で実行するのではなく法律の専門家に依頼する方法がベストです。

というのも借金を返済するためには収入を増加させるか支出を減らすかのどちらか、あるいは両方を実践して返済に充てるお金を工面するしか道はないからです。

善意を持った第三者や身内や家族などからお金を都合出来ればそういった借金の返済も可能かもしれませんが、実際には現実的ではありません。

そうなると通常の日常生活を取り戻すためには債務整理を依頼する方法を考える選択肢が実際には現実的です。

「借りたお金は利息も含めて返済する」

というのは基本的に当然の事ですが借金の返済が不可能な状況になれば日常生活そのものが全て否定されると言うことはありません。

借金が返済できなければ人生が全てだめになるという事は必ずしもないのです。そのためには正しい債務の整理方法を選択して再出発のための努力を投じる必要があります。

債務整理は法律などによって細かく手続きなどが決められています。つまり、一般の人が手続きを行うには難しい場合が多く、普通は法律の専門家に依頼することになるでしょう。



まずは無料相談で悩みと現状を打ち明け問題解決の光を!

女性の借金問題に対して確かな実績と多くの方から高評価を得ている弁護士や司法書士を紹介させて頂きます。 ※すべて無料相談、全国対応だから安心です。


▼詳しく見る
ジャパンネット法務事務所
債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術と、損をさせない綿密な引き直し計算と妥協のない返還請求で、全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた高い技術と知識、多くの経験と実績で借金問題だけに特化した債務整理専門の法務事務所です。
▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

返済に困った人は参考にして下さい



独自の審査を実施しているサービスでピンチを切り抜ける


債務整理と相談

もちろん、その人の債務状況に応じて適切な方法がありますので、 返済に追われる状況から抜け出す為にはまずは債務整理の方法を知っておきましょう。 そして債務整理を決心した時点で司法書士や弁護士などの法律の専門家に相談する事が一番です。

間違っても折込みチラシなどの返済相談に連絡したりしない事も大切です。 取立ては止んでも法外な請求や食い物にされる事もあります。


安易な債務整理は考えもの

知名度の高い自己破産などもそうなのですが、少し安易に債務整理を行う人が増えていると言っても良いでしょう。

債務整理は江戸時代に行われた徳政令のように、上からのお仕着せで借金がすべてなくなる訳ではありません。借りたお金を返済しないという事は裏を返せば貸したお金が返ってこない側の人や会社が存在するという事です。

あなたがその立場だったらどうでしょう?例えば、友人に10万円のお金を貸したとしましょう。それが友人の都合で返ってこないとなると困りますよね?

まぁ、実際には貸金業などの場合には厳密にはそのような単純な話ではありませんが・・・。ただ、やっぱり借金を整理して再出発を模索するとなると、それなりの制限なども出てくることは確かです。

通常債務整理は段階を経て、借金を減らしていく方法がとられています。特定調停、任意整理、民事再生、自己破産の4つあるのですが、最も知名度の高い自己破産は最終手段と考えて下さい。

自己破産に至るよりも前の段階として、他の3つの方法があると考えて良いでしょう。こうした債務整理の相談を無料で行ってくれるプロがあります。

弁護士、司法書士事務所の多くが行っているものであり、借金に関する話を聞いて、減額できそうなら減額に、どうしても返済できない場合は、自己破産を行います。

女性の債務整理については、女性ならではの心理などがあることから、女性専用の相談窓口も増えていて、同性スタッフが対応してくれるので相談しやすいと評判です。

何しろ女性の場合には借金の問題で自分の周囲の人に相談したり、助けを求めること自体がためらわれるケースが多いですからね。法律の専門家が無料相談で話を聞いてくれるならば、それ自体が大きな負担軽減になることもあります。

基本的に債務整理をするにしても、何から手を着けて良いのか解らない場合は、ともかく相談してみることです。

相談なら全国対応している大手事務所なども存在しますので、仮に自分が住んでいる近隣地域には相談窓口がなかったとしても、インターネットを利用することで、簡単に対応する事務所を探せます。

債務整理に関しては多くの弁護士事務所が取り扱っているので、1つ1つウェブサイトを確認して、自分にあった弁護士や司法書士を見つけるようにすると良いですね。


スポンサードリンク