top画像左
top右

誰にも言えない借金の悩み解決の為に

借金問題での悩みは親、兄弟、友人、知人には相談できません。借金問題での悩みの相談は家族や身内ではなく法律の専門家に相談することで解決する可能性が高まります。その為の正しい手順と相談方法とは?

借金問題で困っているなら視野に入れたい相談先

残業が制限されたり様々な理由での給料の減額、 あるいは賞与のカットなどで収入の総額が減少する方も増加しています。 借りた時には「問題ない」と思われた借入れの返済が苦しくなる事が多いご時世です。

なんにせよ「次の返済日にはお金の余裕がない・・・。返済どうするよ。」と自問自答する方、 あるいは、「この前返したのにまた別の返済が・・・。どうしよう。」と悩む方もいらっしゃるかも知れません。

特に、すでに複数の借入れがあり月内に何度が返済日が存在する方は要注意です。 なぜなら収入は急激に増えることが無いからです。 現状ですでに返済が苦しく感じる場合は完済を目指すことは困難の可能性が高いです。

次のような場合には借金問題に特化した法律の専門家に相談を!

借金の整理イメージ 月々の返済が負担で生活が圧迫されている
返済を続けているが借金が減らない
家族や会社や身内に内緒で借金を整理したい
貸金業者から一括請求をされている
おまとめローンの審査も通らない可能性が高い
裁判所から支払い督促がきている
借金の問題を誰に相談してよいかわからない



借金問題に特化した法律の専門家の紹介

お困りの借金の相談ならばやはり法律の専門に相談する事がベストです。 しかも借金問題に特化した法律事務所に相談する事が最も安心できる選択肢の一つです。


▼詳しく見る
ジャパンネット法務事務所
債権者側の交渉と駆引きの手法を熟知した極限の交渉術と、損をさせない綿密な引き直し計算と妥協のない返還請求で、全国各地から数多くの依頼と紹介に裏打ちされた高い技術と知識、多くの経験と実績で借金問題だけに特化した債務整理専門の法務事務所です。
▼借金問題に専門特化した妥協なき債務整理!

返済に困った人は参考にして下さい



独自の審査を実施しているサービスでピンチを切り抜ける


債務整理と相談

もちろん、その人の債務状況に応じて適切な方法がありますので、 返済に追われる状況から抜け出す為にはまずは債務整理の方法を知っておきましょう。 そして債務整理を決心した時点で司法書士や弁護士などの法律の専門家に相談する事が一番です。

間違っても折込みチラシなどの返済相談に連絡したりしない事も大切です。 取立ては止んでも法外な請求や食い物にされる事もあります。

借金問題は放っておいても解決しません

キャッシングやフリーローンは利用しやすい反面ついつい使いすぎて・・・ということもあり得ます。 返済する際になって支払いが苦しく感じることも多くの方が経験する事です。

誰も好き好んで借金を返済しないという方法を選択する事はありません。 しかし、お金の工面は長期間に渡ると生活にも影響がでますし何よりも自分自身の精神衛生上好ましいことではありません。

支払い期日までに支払いを実行できなかった場合には、すぐに銀行、消費者金融、 ローン会社などから電話や支払いの督促が来るでしょう。

いわゆる債権者からの督促は1回の遅れや数日の遅れであり、連絡もきちんと行えば特に問題が大きくなる事がありませんが、 返済の遅延が2度3度続けて起こったり、それが数カ月にも及ぶと大きな問題が生じてきます。

支払いが滞ると債権者は、裁判所に支払いを求める裁判を起します。 そして、返済が滞っているアナタの元に裁判所から呼び出し状が届くことになります。 裁判所では支払いの約束する事になるか、全額支払う命令を受け取ることになります。

債権者に訴えられた時点になってはじめて法律の専門家に相談する方も多いようですが、 実はこの時点で相談に行ってもなかなか有利な条件で話をつけることは難しいと言われています。 法律の専門家でも任意整理などで有利な条件を引き出すことは難しくなる傾向にあるのです。

それでも問題を放置しておくと最終的には裁判所の命令にもとづいて差し押さえをされてしまうことになるでしょう。 差し押さえはアナタの財産はもちろん勤務先の給料を差し押さえることもできるのです。

裁判所からの呼び出しに応じず、ほうっておくと最終的には勤務先に裁判所から給料差し押さえの書類が届いてしまうことになりかねないのです。 こうなると個人の借金問題も勤務先に知られることになります。

「支払えないから放置」ではなく借金が整理できる状態にする事が重要

多くの場合、借金問題に特化した法律の専門家は数多くの案件を処理してきたプロフェッショナルであり、 過去の経験を持っています。

実際にそういった方々に借金問題の相談をすると、 「依頼前に借金がどのくらい減るか、あるいは過払い金がどのくらい出るか」判明します。 しかも多くの場合には相談は無料にて行われますので現状と、これからすべきことを確認する事も可能です。

多くの方が、無料の相談を利用して借金の整理をするかしないか、 あるいはどういった方法で借金問題を整理するか決めてから法律の専門家に依頼しているのです。

もちろん、借金整理を依頼する前に「ブラックリストに登録される可能性」や「家族や身内や会社に知られる可能性」、 「家や車や財産など」や「今の現状の生活に関しての不安など」も確認してみると良いでしょう。

法律の専門家に相談して「どうすれば自分にとって一番最適か?」を明確にした上で、 これまでの借金問題を根本的に整理する方法に取り組めばよいでしょう。


スポンサードリンク