top画像左
top右

債務整理関連

債務整理といえば自己破産を思い浮かべる人が多いかもしれませんが任意整理や個人再生などもあります。債務整理を考えていく上で自己破産は最終手段で、まずは任意整理や個人再生などから検討したいです。

返済不能と債務整理について

キャッシングの借り入れ総額が増え過ぎて債務超過になる人も少なからずいます。 その場合は正しい手順で債務整理を行う必要があります。

債務整理には自己破産、任意整理、民事再生等、 様々な方法があり自分のその後の生活に与える影響も異なってきます。

スポンサードリンク



債務整理と相談

もちろん、その人の債務状況に応じて適切な方法がありますので、 返済に追われる状況から抜け出す為にはまずは債務整理の方法を知っておきましょう。 そして債務整理を決心した時点で司法書士や弁護士などの法律の専門家に相談する事が一番です。

間違っても折込みチラシなどの返済相談に連絡したりしない事も大切です。 取立ては止んでも法外な請求や食い物にされる事もあります。


まずは過払いがないか金利を計算してみる

キャッシングは利用の方法次第で引き出し手数料の節約ができたり、 短期間で返済を済ませると利息の総額はごくわずかで済む大変な便利個人融資サービスです。

限度額までならば何度でも融資を申し込む事が出来る上に、 毎月の返済の総額はリボルビング方式で負担が少なくなるようになっています。

しかし、これがキャッシングのメリットでもあり、デメリットになるのです。

以前の金利ではキャッシングの返済はもともと完済する事は大変厳しいのです。 ある弁護士の方に聞いたところ、以前の消費者金融の金利で多かった29.2%では、 まじめに返済しても完済する事は元から困難なように仕組まれていた。 というような話がありました。

払い過ぎた分を返してもらう(過払い金返還請求)

キャッシング会社やクレジットやサラ金・消費者金融の多くは 「利息制限法」で定められた上限金利を超えた金利で貸付を行なってきました。 これはある意味、違法な高金利という解釈をする事ができるのです。 これが、最近取りただされているグレーゾーン金利問題なのです。

テレビCMでおなじみの大手・準大手の消費者金融の多くも例外ではありません。 利息制限法を超えた部分は無効ですから、法律によって借金を減額したり(任意整理)、 借金をなくしたり(自己破産)、払い過ぎた分を返してもらう(過払い金返還請求)事ができます。

完済が難しいキャッシング

これはグレーゾーン金利問題でも詳しく解説していますが、 みなし弁済が債務者の法的根拠になっているのです。 借りたお金もきちんと返せない。と落ち込むのではなく、 まずは前向きに債務の具体的な整理について考えてみましょう。

以前からキャッシングの返済とは長い付き合いがある人はまず、 過払い金があるかどうか調べてみる事が先決です。

キャッシングによる多重債務者にならないためには

初めてキャッシングを利用する人の多くは、 最初の取引は数万円単位のキャッシングをこまめに返済するような形で行なう事がほとんどです。 事実、キャッシングは必要なだけ借りて、すぐに返済する事が最も賢い利用法なのです。

しかし、キャッシングの取引に慣れてくると徐々に借り入れ金額が増えていき、 返済もまとめて行なうようになりがちなのです。

自分が今、どこの会社からいくら借りていて、 いつにいくら返せばいいかわからなくなってくると、 いつしか返済できない程借り入れ金額が増えていく状況になるのです。

そうなればその利息を返済するために他社からキャッシングを行い、 多重債務へと陥るにはさほど時間はかかりません。 早い段階で、債務整理を行えれば良いのですが、最悪の場合自己破産し、 家族、親戚すべてを失ってしまうことだってあります。

完済までの道のりを考えて利用する

キャッシングは簡単にお金が借りれるので困ったときには大変便利ですが、 いつ返済できるかを十分に考慮した上で借りないと返済が滞り、 このような状況になるのも簡単です。

キャッシングする際は本当にお金が必要なのか、最低金額いくら必要なのかを十分に考えて、 自分に厳しく行うことが必要です。 目先の損得に惑わされず堅実に生活しましょう。

スポンサードリンク