top画像左
top右

民事再生で債務整理

債務整理といえば自己破産を思い浮かべる人が多いかもしれませんが任意整理や個人再生などもあります。債務整理を考えていく上で自己破産は最終手段で、まずは任意整理や個人再生などから検討したいです。

民事再生での債務整理の基本知識

民事再生個人再生)の手続きを利用する場合は一定の収入がある事が前提です。 さらに借金の総額が5000万円超えない事が条件です。

もちろん民事再生のメリット、デメリットはそれぞれあります。 費用、手続き、などの基本的な事柄を簡単に解説させて頂いています。

スポンサードリンク



キャッシングの債務整理の一つ民事再生

返済の相談 民事再生は比較的最近施行された新しい債務整理方法です。 住宅等の資産を手放さず負債を大幅に減額する事ができ、 減額された金額を3年で支払えば良い債務整理方法です。

今では債務整理でも多くの選択枠があります。 任意整理、民事再生個人再生)、 自己破産特定調停などがありますが、 民事再生での債務整理は個人でも選択できるという事自体知らない人も多いのが現状です。

民事再生個人再生)での手続を利用できる債務者の範囲については法律上の制限はありません。 個人、株式会社その他の法人などが利用できる債務整理方法で、 特に個人を対象とした場合は、個人再生と呼びます。


民事再生での債務整理のメリット・デメリット

民事再生個人再生)の手続きを利用する場合は一定の収入がある事が前提です。 さらに借金の総額が5000万円超えない事が条件です。

民事再生(個人再生)のメリット

裁判所が個人再生手続を開始して再生を目指す債務者の弁済を差し止める為、 申し立てが認められた時点で債務の返済はストップする事ができる事です。

借金の総額が20%になり、 その金額に基づいて債務の返済を実施していく事で負担が大幅に軽減されます。 再生計画の期間は3年間で、完済すればほぼすべての債務の免責を受ける事も可能です。 さらに、自己破産とはちがい特例を利用すれば住宅を手放すことなく再起を図る事も可能なのです。

民事再生(個人再生)のデメリット

個人再生は細かく見ると小規模再生、給与所得者等再生に分けることができます。 どちらにせよ個人再生は手続きが債務処理の中では複雑です。 たくさんのところから借金している人などは債権者との調整と等も難しく、 弁護士や司法書士に依頼しなければならず、費用も比較的高額な事が難点です。

民事再生(個人再生)の弁護士費用の相場

個人再生の場合、弁護士費用の相場は60万円から100万円です。 これは、借り入れしている債権者数や手続き上の案件にも違ってきます。

一般に弁護士費用は、一括で支払う事が原則です。 しかし、債務整理を考えて弁護士に依頼する人は弁護士費用を一度に支払えない場合が普通です。 その為、大抵は分割で支払えるようになっているようです。

返済の為に借金をする事は問題解決にはなりません

民事再生個人再生)を利用した債務整理手続きは、 借金を原則5分の1まで減らしてその後三年間で返済できる計画を裁判所と債権者に認めてもらい再生を目指す手続きです。

しかも家などの財産はそのまま残す事も選択できます。 財産のほぼ全てを失う自己破産とは違い、 まじめに生活を送れば借金のない元の生活を取り戻しやすいといえるでしょう。

債務問題解決の為に

誰しも融資を受ける前にはわかっている事ですが、 借金を返すために借金をすることは決して返済問題の解決にはなりません。 借金の返済に困り、多重債務状態に陥らないように、 初めて融資を申し込む人も肝に銘じておきましょう。

キャッシングは近くの店舗やATM、 携帯電話やインターネットで申込みができ、保証人も必要ありません。 スピード融資を売り文句にしている所は即日どころか数十分で融資を受ける事も可能です。

キャッシングは、簡単に借りれますが借りすぎたときには返済する事は難しいのです。 自分の収支から見た返済能力を超えて融資を申込み、 多重債務状態や自己破産する人が後を絶ちません。

キャッシングする場合は、自分の返済計画を十分考えて申込みする事が必要です。 もし、すでにキャッシングで抱えた多重債務にお困りなら、 法律の専門家や消費者金融相談窓口で相談してベストな債務整理方法を選びましょう。

スポンサードリンク