top画像左
top右

任意整理で債務整理

債務整理といえば自己破産を思い浮かべる人が多いかもしれませんが任意整理や個人再生などもあります。債務整理を考えていく上で自己破産は最終手段で、まずは任意整理や個人再生などから検討したいです。

任意整理で債務問題を解決する為に

返済方法は自己破産が有名ですがそのほかにも整理する方法が存在します。 それが任意整理と呼ばれる方法です。

多重債務状態でも自己破産だけが選択肢ではありません。 最良の選択肢を選ぶ為に、 正しい知識で問題の根本を解決する為の知識を身につけましょう。

スポンサードリンク



キャッシングの債務整理の一つ任意整理

返済の相談 返済方法は自己破産が有名ですがそのほかにも整理する方法はあります。
自己破産は最終手段であって、自己破産をせずとも債務を整理することができます。 それが任意整理です。

キャッシングは自分の収支から返済の額を計算して賢く融資を受けることを守れば便利なサービスですが、 現実に借りすぎてしまう人が後を絶ちません。

もし、借りたお金が返せないような状況になれば真っ先に思い浮かぶのが自己破産です。 自己破産は財産も含めてすべて整理する形になりますので、 苦労して手に入れたマイホームや自慢の愛車も手放す状況になります。

任意整理の特徴とは

任意整理の特徴は債務を裁判所を通さずに整理する事です。 それ以外にも弁護士や司法書士が発行する受任通知が債権者に届いた時点で返済がストップされ、 取り立ても止まるという点がメリットです。

任意整理は基本的に司法書士弁護士などの法律の専門家が代理人となって 法内での利息で計算し直し、数年かけて返済する契約を行うことです。

多重債務でも諦めない

借りたお金が返せないのだから仕方がない。とあきらめる前に。 司法書士弁護士などの法律の専門家の力をかりて交渉する事もできるのです。 それが任意整理です。

最近では多重債務専門の司法書士事務所などもありますので、 まずは信頼のおけて実績のあるところで相談してみる事です。

任意整理での債務整理のメリット・デメリット

任意整理の手続きは司法書士や弁護士に依頼する事になりますが、 いずれにしても過去に実績などで判断する事です。

弁護士に依頼するか司法書士に依頼するかは、 交渉手続き完了後の報酬額などの違いもありますので信頼できる筋から情報を収集する事です。 ・・・詳しく見る

任意整理のメリット

裁判所を通さない借金解決方法で、家族や友人・同僚などに借金の事が知られる心配がありません。 司法書士または弁護士に任意整理を依頼すれば交渉が進むので忙しい方でも手続きが可能です。 財産を処分する必要がありませんので、 車や不動産などの財産を所有していて手放したくない場合に有効な債務整理の方法になります。

任意整理のデメリット

消費者金融など高利の貸し金業者からの融資を受けている場合以外はあまり元金の減額は期待できません。 司法書士または弁護士の方が代理人として各債権者と結んで確定した残額を、 3年から3年半程度で支払っていくような返済計画になるので借金の総額が大きい場合や、 返済のメドが立たない場合は選択できない場合もあります。

弁護士に依頼するか?司法書士に依頼するか? ━ 任意整理はどちらに依頼するのがベスト?

一般の人が任意整理の話し合いをしようとしても、 現実的に話し合いに応じるような債権者はいません。 ましてや法律の知識のない人間がまっとうな交渉を進めることも不可能です。

任意整理の手続きは、まず司法書士または弁護士に依頼をするところから始まります。 任意整理を司法書士または弁護士に依頼した時点から各金融会社は、 債権者に直接取り立てや返済の督促はできなくなります。

では任意整理司法書士に依頼するのか、 弁護士に依頼するのかどちらがいいのか?という疑問が湧いてきます。

結論から言えばどちらに依頼しても、 結局はその司法書士なり弁護士なりの経験と力によるところが大きいのです。

最終的には実績と人間性

弁護士でも専門がありますし、 親身になってひとつひとつの案件についてこなされている事務所もあれば、 結局は事務員任せで適当なところで妥協してしまう事務所も少なくないのです。 依頼費用の面もありますので、まずは公共の相談窓口、各自治体、 地域などの法律相談センターに相談して紹介してもらう事もひとつの手です。

多重債務や返済の問題は一人で悩んでも解決することは難しいのです。 誰にも相談できずに、返済に応じる人ほど被害は大きくなるのです。

まずは信頼のおける法律の専門家に相談

任意整理の依頼を受けた司法書士または弁護士は、 各債権者に対して債務の状況がわかるような取引履歴を請求する事から始めます。 これは借り入れを始めた時から現在までの取引履歴のことです。

各債権者からの取引履歴が揃えば、 その履歴を利息制限法に引きなおして現在の債務の残額を確定していくことになるのです。

そして確定した残額を3年程度で支払っていくような新たな契約を、 代理人となった司法書士または弁護士の方で各債権者と結んでいくことになり、 その契約に基づいて返済をしていくことになります。

万能ではない任意整理

任意整理は自己破産や民事再生とは異なり一部の借金のみを整理する事も可能です。 さらに自己破産などとは違い、財産を処分する必要がありません。 キャッシングを行なう貸し金業者で消費者金融業者のように利息が高い場合は元金の減額は期待できるでしょう。

しかし、新たに結んだ契約で、最終的には3年程度の期間で返済していかなければなりませんので、 借金の総額が大きい場合には、自己破産などを選択肢に入れて考える必要もあります。

スポンサードリンク