top画像左
top右

債務整理の相談について

債務の相談は司法書士や弁護士にすぐにすることが一番です。債務に関しての返済で誰にも相談できずに一人で悩む事は何の解決にもなりません。元通りの生活に戻る為にも司法書士や弁護士の力を借りましょう。

任意整理で債務問題を解決する為に

キャッシングにしてもカードローンにしても返済出来ない程の債務になってしまった場合に最適な選択肢とは?

「返済日のことが頭から離れない」
「電話が鳴るとビクッとする」
「借りて返すのも限界に来ている」

など。 多重債務状態でヤミ金融などに手を出す前に然るべき相談先で債務整理の相談をする為のヒントを提供させて頂いています。

スポンサードリンク



キャッシングによる負債は誰に相談する?

多重債務と相談 グレーゾーン金利での融資を受けていた頃の借金ならば迷わす、 司法書士弁護士に相談する事が賢明です。 その他にも、消費者金融などでできた債務の整理を相談する公的な窓口があります。 キャッシングの債務整理は、 信頼のおける法律の専門家に相談する事が先決です。

どのような理由であれ、 複数のキャッシング会社から借り入れを行なう状況になってはひとりの力ではどうにもなりません。

その場しのぎの返済に追われるようになった多重債務状態の人は、 法律の専門家に相談する事で根本的な解決を目指すべきなのです。 逆に法律の専門家の手を借りないと債務整理の問題を解決することは非常に困難といえるでしょう。

自己破産は最終手段ですが、破産を選択する人の約半数は負債額500万円以下というのが現状です。 多重債務者には利息や法律の知識を持たない人が圧倒的に多く、 誰にも相談できずひたすら返済に追われてそれに応じる人が多いのです。 しかも、一人で悩むだけで生活は一変できず苦しい日々を送っている人も多いのです。

債務整理(借金問題)相談先

自己破産の割合が多い年齢層

キャッシングやカードローンの利用者は年齢的には20〜30代が中心ボリュームです。 所得的には年収200万〜300万円が一番割合的にキャッシングやカードローン利用することが多いです。 それに伴って、多重債務なども若い世代で増加しているのが現状です。 多重債務者にならない為には事前の金融知識の吸収、 勉強や早期の相談などがセーフティネットかもしれません。


多重債務になる人が融資を受ける多い目的とは

キャッシングの借り入れ超過は人によって理由は様々です。 年齢層が幅広いギャンブルなどへの使い込みは反省すべき点が多いのですが、 若い年齢層に多い遊興費飲食交際費などの人付き合いに関する負債もあります。

その中でも、切実なのが収入減少による生活費の為にキャッシングを利用する人や、 失業倒産などの職に関連した項目で生活を維持していく為に借り入れをしなければ、 生計が成り立たない人もいる事も事実です。

キャッシングを利用したての頃は少額を借りこまめに返済する人でも、 次第にキャッシング自体に慣れていき次第に高額な金額をキャッシングするようになります。 しかも返済はまとめて行なうようになったり、返済が滞るようになっていきます。

多重債務状態への流れ
生活費などの充填の為にキャッシング。

⇒ 借金増

返済金に生活費などのお金が圧迫され、返済の為に新たな融資の申込みを行なう。

⇒ 借金増

いつしか返済に追われるうちに、どこにいつ返済して、 総額でどれだけ借りているかわからなくなる。

まともな貸し金業者にお金を借りている内はまだいいのですが、 違法業者闇金業者にかかわると生活は崩壊してしまうでしょう。 その前にしかるべき所に相談して自分自身と生活・家族を守りましょう。

正しい金融知識で自分自身も生活も守る為に

キャッシング等で背負った負債問題を相談する場合、弁護士司法書士があげられますが、 どちらにお願いしたら良いのでしょうか? それぞれ費用の問題もありますが、一番肝心なのはどれほど実績があって信頼できるかどうかです。

司法書士に依頼する債務整理と仕事の境界

司法書士の債務整理に関しての仕事の境界線は140万円までの債務整理事件の取り扱いです。 さらに、自己破産や個人再生といった債務整理での代理権はありません。 一般的な話ですが、司法書士のほうが債務整理の依頼費用は低く設定されています。

司法書士と弁護士

弁護士は任意整理、自己破産、民事再生(個人再生)、 過払い金返還請求訴訟においてすべての代理権持っています。

さらに司法書士が簡易裁判での申立事件の代理人までしか権限がないのに対して、 弁護士は地方裁判所以上の管轄とする申立事件の代理人にもなれます。 しかし、一言で弁護士といっても専門があり、得意分野も違います。 安易に依頼先を決めずに、実績や評判で選択する注意力も必要です。

提携司法書士と提携弁護士

現実問題として、債務の一本化、債務の無料相談、他社で断られた人も融資可、 などのうたい文句で、 様々な広告媒体を利用して多重債務者を集める整理屋などにかかわっている弁護士司法書士もいる事は事実なのです。 こういった悪徳業者に名前を貸している非弁提携弁護士や非弁司法書士も存在するので注意が必要です。

司法書士と弁護士

裁判の長期化や事件件数の増加に伴い、 弁護士の大幅増員が進むなかで弁護士の優劣などの評判はいち早く広まる傾向にあります。 また、弁護士同士の仕事の奪い合いが現実化するなか、 司法書士の仕事の境界を争う訴訟も起こっているようです。

しかし、一番重要な事はどちらにしても債務整理なら、 債務整理専門で行なっている事務所に依頼することが一番です。

また、依頼する際には実際に会ってみて人柄、言葉遣い、言動などでも判断したいです。 一つ一つの仕事を真正面から取り組む人もいれば、 仕事のほとんどが事務員任せで依頼人側の利益よりも能率を重視して妥当な条件で切り上げる人もいるからです。

スポンサードリンク