top画像左
top右

取立てに関する相談について

多重債務状態では返済する為だけの生活を余儀なくされ違法業者や闇金融に関わる可能性は高くなります。多重債務状態を避け違法業者や闇金融と関わらない為に返済に関する相談先は知っておきたいです。

まっとうな業者から借入できなくなると

借金の返済の為に新たにお金を借りる事は根本的な解決になりません。

違法な闇金業者には取り立てを制限する法律なども意味がありません。 取立てに関する相談を考えるならば、知っておきたい最低限の知識とは?

スポンサードリンク



キャッシングで抱えた負債の取り立て

キャッシングと取り立て 借りたものを返さないとならないのは世の中のルールです。 特に金銭の貸し借りに関しては親しい仲でもトラブルのもとになるほどです。

契約書にはんこを押して融資を受けた以上、きちんと利息も含めて返済する事は当たり前の話です。 しかし、違法な金利で融資を受けたものは返さなくてもいい場合があるのです。

キャッシングの多重債務状態の人の中で一番深刻な状態は、 生活費の補充の為に借り入れをしている人です。 本来返済のアテがあって借り入れを行い、 収入に応じて返済を行なっていく事が健全な借り入れです。

しかし、少しずつ足りない生活費の補充に借り入れを行なっていくという事は、 そもそも収入と支出のバランスが取れていないのです。 つまり、根本的には支出を減らすか収入を増やすか、 どちらかを考える必要があるのです。

間違った金融機関で借りてしまうと、法外な利息を請求される事にもなりかねません。 従来なら返済しなくてもよい違法な貸付でも、 返済しなければならない状況に追い込まれたりする危険性を認識しなければなりません。

返済に困ったらまずは相談

キャッシングなどで、一つ目の融資の返済が滞る事は多重債務への第一歩です。 返済の為に次の融資を申し込む事から、 まっとうな貸し金業者から借りられなくなる状態になるまでは時間の問題です。 そのような状態では最終的に、違法業者闇金融に関わってしまう事になるのです。


まっとうな会社の融資が受けれなくなれば

テレビのCMなどで宣伝している大手のキャッシングサービス会社は、 法律に基づいて貸し金業を営んでいるので万が一の場合でも心配はありません。

もちろん、遅延や返済ができなくなるような状況は避けなければならないのですが、 生活が崩壊するほどの取立てや、恐喝まがいの督促はありません。

一般に宣伝されているキャッシング会社は法律に縛られている状況で、 利息も返済額も明確となっている場合が多く返済の取り立ても本人しかわからないような方法で通知がきます。

返済の為に新たな融資を申し込む事は論外

返済の為に新たな融資を申し込む事は問題解決にはなりません。 大手の消費者金融や銀行系キャッシング、信販系キャッシングなど、 きちんと本人が対処すれば、家族親戚職場等に取り立がおよぶ事はまずありません。 根本的に重要な事は、多重債務状態になってしまったら法的な方法で債務の整理を行なう事です。

甘い言葉と違法業者

ブラックOK、他社で融資を断られた人でもOK、 無料返済相談などと甘い言葉で融資や相談を受け付けている貸し金業者は要注意です。 法律の専門知識がなく、借金を人に知られたくない人ほど一人で悩みます。 また、返済に追われた状態では普通に考えたら、 怪しむべき様な場合でもだまされてしまう事も多いのです。

一人の力では悩みは解決しません

違法業者はもともと違法な金利で貸付を行なったり、 違法な取立てや督促で返済を迫ってきます。 法律の知識のない人の力では現状は改善できるはずもなく言われるがままに金銭をむさぼり尽くされてしまいます。

例えば、違法な金利での貸付には返済に応じる必要もなく、 みなし弁済状態で支払いを続けているような場合でも弁護士や司法書士の受任通知返済の支払いもストップさせることもできるのです。

また、民事再生(個人再生)を選択すれば、 裁判所から、債務者への弁済差し止めの命令がでるので当面は支払いをストップさせる事もできるのです。 こういった相談は、 信頼のおける法律の専門家公的な窓口の相談から進めるとよいでしょう。


多重債務や返済の問題は一人で悩んでも解決することは難しいのです。 誰にも相談できずに、返済に応じる人ほど被害は大きくなるのです。

スポンサードリンク