top画像左
top右

消費者金融の歴史と学生ローン

学生さんがアルバイトなどで収入があれば利用できる消費者金融が当たり前の時代になっていますがちょっと前の歴史を見ればその注意点なども見えてきます。かつての消費者金融に対する歴史的な状況と学生さんが利用する際のヒントなどを記載しています。


消費者金融と学生さんの問題

ローンという名のつくものは要注意です。 特に社会経験の少ない若い世代の方は、 年収の何割かが借金の限界という感覚が分からず買い物などでもクレジットカードなどを使い過ぎる事もあります。

もちろんクレジットカードだけでなく、お金そのものを借りる行為も危険性が高い事は言うまでもないでしょう。 大人の事情では、例えば付き合いや、旅行、冠婚葬祭などで計画外の出費などが付き物です。

本来そういった予定外の支出の為にある程度は預貯金を残しておくという事は、 生活上で支障をきたさない為の一種の賢い方法です。

最近は学生ローンという、学生本人を対象とした消費者金融が増えてきているようです。

大手でさえもアルバイトなどの収入があれば学生さんでも借りれます、という方向で宣伝している事には驚きです。 宣伝と言ってもホームページに記載文言があるだけですが。


消費者金融は便利ですが諸刃の剣

時代は繰り返されるのか、新手の業者があの手この手を考えだすのかは知りませんが、 サラ金という悪いイメージを見事に払しょくしたのがキャッシングという言葉です。 しかも、テレビCMなどでタレントさんを起用して、 イメージをクリーンにした戦略が見事に功を奏して多くの若い世代の方が消費者金融を利用するようになりました。

かつてはサラ金を利用してるというだけで悪いイメージをもたれた事もあったそうですが、 そういったイメージがなくなり多くの人がこぞって利用する事で結果的に多重債務問題などを引き起こし、 それが結局法改正をもたらしたのです。

言葉が変わっているだけで、サラ金地獄と多重債務問題とは結局同じで借金で首が回らない状態の事です。 いずれにしても学生さんの内はあまりローンなどの後払いでモノやサービスを購入したり利用したりしない方が、 賢明なのかもしれません。

利用方法さえ間違わなければ便利なサービスなのですが・・・
学生さんがローンを利用する是非は世代によって大きく異なるかもしれません。

団塊世代かそれよりも年齢層の高い世代の方々は、学生がローンをする、 学生が消費者金融を利用するというだけでNGという結論になるそうです。

それもそのはずで、 消費者金融業界はかつてはサラ金地獄などと呼ばれる社会現象を起こすほどの危険性が指摘されていた時代も合ったのですからね。



知ってましたか?無料で便利な簡易審査サービスを

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、 あなた自身にとって一番有利な条件のサービスに申込む事が理想ですよね。 ちょっとの借入れ条件の違いで支払い総額は相当違ってくる場合もありますから・・・。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

スポンサードリンク