top画像左
top右

学生ローンの特徴がそもそも問題?

学生ローン特徴と問題点について記載しています。学生ローンの特徴は利用しやすい事が問題点でもあるのです。賢く利用すためには是非とも誓いしておきたいポイントを解説させて頂いております。


学生ローンと言えども消費者金融の一種

学生ローンの専門店は、顧客対象が学生に限ります。 大学生・短大生・専門学校生・予備校生などで当たり前の話ですが高校生は対象外です。

融資形態は一般の消費者金融とは少し違う場合が多いです。 つまり、必要な書類(身分証明書)や収入などの状況などの制限のハードルが低く設定されています。

利用し易いからこそ慎重に
だれでもあることですが、たくさんお金が手元に入ってくると、 「ついつい無駄遣いをしてしまった」 「借りやすいので簡単にお金を使ってしまう」 という感覚で錯覚してしまう事もあります。

学生ローンは借入しやすい分、貸しだされるお金の限度額の総額は低く設定されています。 これはきちんと適正に使用していればある程度はその枠が増加する場合もあります。 こちらに関しては通常の消費者金融と同じであると言えそうです。

しかし、この借りやすさがそもそも学生さんのローンの問題の大きな要因である事があります。 つまり、安易に借りてしまって借金が膨れ上がってしまってから問題が表沙汰になることなどがあります。

例えば教育ローンや奨学金を利用している場合などは奨学金が支給されるまでのつなぎに、 学生さん自身が学生ローンを利用して急場をしのぐという利用方法であれば問題ないですが、 単に欲しいものがあるからお金を借りて購入するという利用方法などはだめなのです。


学費を工面しているご両親の苦労
教育ローンの話題に触れたので少し補足しておきますと大学入学時などには多額の費用が発生します。

経済的に余裕のない御世帯ではかなりの負担割合になります。 だからこそ、家族一丸となって努力する必要がある世帯も多いのが実情なのです。

ご両親は可愛いお子さんの為に、 少しでも経済的な心配を掛けさせてたくないという意識が必ずあるものです。 教育ローンなどを利用して、後払いでも子供さんの学費を負担して進学させたい気持ちがあるのです。

だから、 親御さんに内緒でローンを利用するという事に関してはやはり慎重に考えなければならないことも忘れないようにしたいものです。

学生ローンと一般の消費者金融との違い

学生ローンですから、学生証が一番身近に身分を証明できる証明書です。 その他免許証か保険証があれば、更に借りやすくなります。

また、一般の消費者金融は収入証明が必要となる場合が多く、 勤務先(アルバイト先)等へ在籍確認の連絡が行くことも普通にあります。 この場合は連絡は個人名ですが身元確認やアルバイト先への在籍確認の連絡はない方がより安心です。

学生ローンはその様な確認の連絡はない、という触込みですが独自の調査方法があるのかもしれません。 しかし、それ以上に貸出額がそれ程多くないのでそういった確認が不要であるともいえそうです。



知ってましたか?無料で便利な簡易審査サービスを

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、 あなた自身にとって一番有利な条件のサービスに申込む事が理想ですよね。 ちょっとの借入れ条件の違いで支払い総額は相当違ってくる場合もありますから・・・。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

スポンサードリンク