top画像左
top右

学生時代の浪費癖と危険性

学生時代の浪費グセは社会人になった時にも大きな影響を与えます。学生時代の浪費と社会人為なった時の影響の一例とは?


自分が制御できない人は借金はしない事

学生時代の生活と社会人の生活 学生ではありませんが、若い20歳代の知り合いがいます。 彼はものすごく浪費癖があり、多額の借金を常時抱えている状況との事です。

彼の過去は知りませんが、恐らく過去からそういった生活を続けておりそれが常態化したと判断できます。

もちろん、彼は学生ではなく定職に就いており収入はある状態です。 しかし、収入以上の出費が毎月当たり前の状況になっているようなのです。

学生としての身分を卒業して社会人になれば人付き合いの範囲も拡大してそれなりの支出は多くなります。 学生さんには味わえない社会人の娯楽も沢山あります。 そういったものに彼はどっぷりとはまっているようなのです。

例えば、キャバクラ通いで夜な夜なお店に足しげく通ったり、 パチンコ店にも休みのたび、仕事をが終わり時間がある度に赴いている様な状態なのです。

学生時代の生活様式が影響を及ぼす将来とは?
考えてみれば、学生、特に大学生の中でも勉強そっちのけでアルバイトに精を出す人もいました。 さらには前述したような破天荒な浪費生活を送る人もいました。

どちらが良いとかという話ではありませんが、 例えば学生ローンなどから借金を多額に借りてしまう人は浪費生活を送る人の割合が高いです。

きちんとアルバイトを行って、 金銭感覚がしっかりしている人ほど逆に無駄な浪費を避ける傾向は強いとも言えそうです。


自己破産・多重債務他人事ではない

ここ数年は法改正もあり、自己破産や多重債務に陥る人の数は減少していると思われます。 思われると記載したのは正確な統計を調べてみたわけではないからです。

ただ、貸金業法の改正はそういった債務に関する問題を少なくしようという事が目的で行われたわけですから、 減少して当然と考えられます。

という事で、最近ではたとえ学生ローンでも、 お金を借りるとなれば依然と比べて借りにくくなって居る事は容易に想像できます。

申込んだけれども色々根掘り葉掘り聞かれて結局はご期待に添えませんでした。 という話は多くなってきていると思われます。

せっかく借りてまでお金を都合するのですから、 無駄な浪費には絶対に使用しないという心構えがいつの年代にも必要かもしれません。



知ってましたか?無料で便利な簡易審査サービスを

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、 あなた自身にとって一番有利な条件のサービスに申込む事が理想ですよね。 ちょっとの借入れ条件の違いで支払い総額は相当違ってくる場合もありますから・・・。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

スポンサードリンク