top画像左
top右

学生ローンもれっきとした消費者金融

学生ローンは便利ですが消費者金融という意識を忘れず利用したいです。学生ローンの利用や消費者金融の申し込み時の注意点などを再確認する場合は参考にどうぞ。


審査の甘さは関係ない?

「審査の甘い学生ローンを紹介します。」いまではこんなに露骨な宣伝文句で利用を促している事も少なくなりましたが、 学生ローンという言葉が付けられていてもそれは消費者金融となんら変わりはありません。

だから、要はサラ金という事を十分理解しましょう。 そうすると気軽に利用することに対して少しでも歯止めがかかるかもしれません。 しかし、学生ローンはきちんとした業者の場合はルールを守って利用する分には全く問題が起こる事もありません。

利息を含めて返済する計画ならば問題なし
定職を持たない人が手軽にお金を借りる手段として有効なのが学生ローンです。 一般の消費者金融では審査が厳しくてなかなか借りれない人も多いです。

なにしろ定職、アルバイトなどの定期的な収入がない場合はそもそも返済時に困る事は目に見えているのです。 だから貸し手側もこの部分だけは特に慎重になるのです。

最近では改正貸金業法の影響で全般的に個人の小口融資の貸出金利は下がりましたが、 それに伴って利用したくても借りられないという状況の人が増加しているとも言われています。

どちらにしても、たとえ学生さんであれどもしっかりとアルバイトをしており収入が確保できている場合は、 利息も含めてきちんと返済できる計画があれば利用しても問題ないでしょう。

学生ローンという言葉の誤解
ここでいう学生さんというのは中学生や、高校生を意味しません。 専門学校生や多くの場合は大学生をさします。大学生は二回生を過ぎると成人になり、 身分的には立派な大人の仲間入りです。

ローンというと後払いで商品やサービスを先に手にするシステムのように感じますが、 学生ローンという言葉は若干意味が違います。どちらかというと学生キャッシングという言葉が適切かもしれません。

コンパやサークルで学生だって急にお金が必要な事があります。 しかし、そういった類の出費はアルバイトなどの収入が入ってくるまで行動を我慢しましょう。 これは借金に振り回されない為の根本的な事です。


急な入用でも手順を踏んで

だれでも経験のある事ですが、どうしても急にお金が本当に必要な時というのはやってくるのです。 そういった場合は、まず家族に援助を求めましょう。

これが原則基本です。家族、特に親ならばどんな理由にせよ子供を見捨てる事もありませんし、 厳しい条件でお金を貸すなどという事はありません。 言いにくい事情でもなるべく包み隠さず伝えて支援を求める事が正攻法です。

それでもどうしても家族の援助が得られないと判断してから学生ローンを利用する事が正しい手順と言えそうです。



知ってましたか?無料で便利な簡易審査サービスを

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、 あなた自身にとって一番有利な条件のサービスに申込む事が理想ですよね。 ちょっとの借入れ条件の違いで支払い総額は相当違ってくる場合もありますから・・・。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

スポンサードリンク