top画像左
top右

トラブルを未然に防ぐ為に

学生さんがローンなどの借金を利用する際に注意したいこととは?学生ローンなどを利用して借金する前に考えたいことなどを記載していますので参考にどうぞ。


自分が制御できない人は借金はしない事

お金にまつわるトラブルは色々とありますが、 ついつい欲しいものを購入してしまうという人は、 カードローンや個人の小口融資(消費者金融や学生ローン)に手を出すべきではありません。

関わらない事を徹底するだけでも多くの問題が未然に防げます。 しかし、どうしてもお金が必要な事は学生さんに限らず誰にでもある事です。

そういった時の為に貯金などがある、あるいは貯蓄をしておくという事は重要です。 一般家庭でも5世帯に1世帯の割合で預貯金ゼロという世帯があると言われています。

つまり、その場合は収入の行き先がすべて決まっている、 借金などの返済で収入がすべて消えるという状況です。 何事もなければいつかは手元にお金が残る状況かもしれませんが、何事もない事の方が珍しいのが世の中です。

大学生が興味本位で学生用クレジットカード作り、欲しいものを好きに買ってしまい、 月々の返済に困るようになる事は意外と多いです。

さらに、そういった人達は借りる事に対して行動をためらわないですので、 一本化しようと銀行系のカードローン会社などからも借りたりします。

結局、同じことを繰り返して借金が倍に膨れ現在数社から●●万円程の借金がある。 というような事にもなりかねません。


ローンは便利ですがあえて利用しない方法も考える

例えば学生ローンならば限度額もそれ程大きくはないですが、 気軽に利用しているうちに結構な額の金額を借りてしまっているということも現実にはあります。

女性ならば、第一印象を良くしたい一心で美容整形や高価なエステにお金を注ぐ事も考えられます。 しかし、その様な状況で色々な所からお金を借りてしまうと、 結局はアルバイトをしながら毎月数万円づつ返してもなかなか借金は減らない状況になるのです。

自分自身の線引きができない人は利用しないに限ります
最初はご両親に内緒で何とかお金を工面しようと考えて借りていた物が、 最終的には金額が膨大になるとより一層打ち明けにくくなったりします。

女性ならば夜のアルバイトなどの高給の仕事もあるかもしれませんが、男性の場合はそれも難しいです。 とはいっても色々な面で一線を越えないように自分自身で線引きをしておくに越した事はありません。



知ってましたか?無料で便利な簡易審査サービスを

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、 あなた自身にとって一番有利な条件のサービスに申込む事が理想ですよね。 ちょっとの借入れ条件の違いで支払い総額は相当違ってくる場合もありますから・・・。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

スポンサードリンク