top画像左
top右

学生さんのお金の必要な事情とは

学生さんの一人暮らしは生活費の額が大きなウエイトを占めます。学生さんの一人暮らしの生活費を上手に節約しながらお金のことを考えてみましょう。


一人暮らしの学生さんの正しい節約意識

新生活を始めた多くの大学生がぶつかる壁の一つがお金のやりくりです。 いくらお金があっても生活するには足らない、という学生さんは根本的な問題がある事が多いです。

これは生活習慣の乱れなど、生活スタイルそのものが起因する事があるので意外とすぐには改善しません。 一人暮らしの学生さんは、保護者からの仕送りやアルバイトの費用を生活費として使用する訳ですが、 生活スタイルによっては生活費の必要額は人によって大きく違ってきます。

毎日の生活の中で、光熱費や食事はある程度節約することができます。 一番金額的に効果的な方法は、外食が多い人は自分で料理をする事です。 つまり自炊の割合を増加させる方法です。

しかも、食材の利用方法によってはその額はさらに減少させる事が可能です。 ただし、その分手間と時間が必要になります。ここで多くの学生さんが挫折するのかもしれません。

いくらお金があっても足りないという人は一度自分の生活スタイルを見直してみる必要があると言えます。

そこから初めてどうしても必要な物品がある、急な入用がある、 収入が近い将来にあるが今お金が足りないという時に学生ローンなどの利用を考えるべきと言えるかもしれません。

食費を減らして収入UPをする方法
アルバイトが可能な状況出れば、 まかないと呼ばれる食事つきの飲食店のアルバイトなどを行う事も一つの方法と言えるでしょう。 この食費などの生活費は生活スタイルを改善して見直す事で大幅に減らせます。

ただし、飲食店で働くという事は客商売になりますので、人によっては向き不向きがあります。 長い人生のなかでの経験と割り切って働く考え方でもいいでしょう。


家賃も自分で支払う人の節約方法

毎月決まった額を払わなければならない家賃は、なかなか節約するのが難しいものです。 大抵は、学生向けのリーズナブルなマンションや、アパートが学生さんをターゲットにした不動産仲介業者などがありますが、 地域によっては家賃もい意外と高額になる場合があります。

しかし、あきらめずに少しでも家賃が安い条件は探せば意外と見つかるものです。

その場合は、駅や学校から少し遠い、などの良くない条件があるかもしれませんが、 どうしても生活費が足りない状況が改善できない人は検討してみる必要があります。

最終的にはどのような状況であれ、学生ローンなどの利用でお金を手にする事は最終手段で、 まずは節約、親に相談、 収入を増加させるなどの手段を検討してから最終的な手段としてお金を借りる選択肢を選ぶようにしなければならないでしょう。



知ってましたか?無料で便利な簡易審査サービスを

キャッシングやカードローンでお金を借りる場合には、 あなた自身にとって一番有利な条件のサービスに申込む事が理想ですよね。 ちょっとの借入れ条件の違いで支払い総額は相当違ってくる場合もありますから・・・。

まずは色々と比べてみる

無料簡易審査・比較サービス「くらべる君」

スポンサードリンク